レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【鍋で作る】固めキャラメルミルクプリン

デザート

【鍋で作る】固めキャラメルミルクプリン
  • 投稿日2020/03/10

  • 調理時間20(冷却時間は除く)

お気に入りに追加

355

キャラメル風味のプリン。れん乳を加えると固め&なめらかな食感に仕上がります。

材料3人分プリンカップ(150ml)3個

  • たまご(全卵)
    2個
  • たまご(黄身)
    1個
  • 牛乳
    200ml
  • 生クリーム
    50ml
  • れん乳
    大さじ2
  • グラニュー糖
    60g

作り方

ポイント

火加減が強かったり、加熱時間が長すぎるとプリンに「す(気泡)」が入り、食感が悪くなります。蒸し器を使用しない鍋プリンを成功させるコツは『弱火』の加熱。カップや鍋のサイズ、素材、厚みなどの影響で加熱時間は異なります。はじめて作るときは、目安の加熱時間より「少し早め」にマメにプリン液の表面の状態を確認して、加熱のしすぎにご注意ください。 【余った卵白活用レシピはこちら】 ラングドシャ風♪ホワイトチョコサンドクッキー https://oceans-nadia.com/user/64286/recipe/387448 フィナンシェ風♪ホイル焼き菓子 https://oceans-nadia.com/user/64286/recipe/248749

  • ・グラニュー糖を計量し鍋に入れる ・たまご(全卵)、たまご(黄身)を合わせ混ぜる ・牛乳、生クリームを計量し合わせる ・熱湯を準備する(使用量は大さじ2)

  • 1

    グラニュー糖を入れた鍋に水(大さじ1)を加え『強火』にかけ、グラニュー糖が溶けたら『中火』にし、香ばしい色・香りになったら『超弱火』にし、熱湯(大さじ2)を加え混ぜる。 ※ 熱湯を加える際に跳ねるので、木べらをつたわせ静かに注ぐなど気をつける。

    工程写真
  • 2

    1のカラメルソースの半量をカップに少しずつ入れる。

    工程写真
  • 3

    1の鍋(半分カラメルソースが残ったもの)に牛乳と生クリームを加え、『超弱火』で加熱し、れん乳を少しずつ加えて甘さを調整する。 ※ 最初カラメルが固まった状態だが、徐々に溶ける。沸騰しないように超弱火で混ぜ溶かしながら加熱する。

    工程写真
  • 4

    3のあら熱をとり、溶きほぐしたたまごのボウルに少しずつ加えながら混ぜる。 ※ もしバニラオイルやバニラビーンズがあれば、ここで加えると風味アップ! ※ 熱いまま注ぐと、たまごが固まるので注意!

    工程写真
  • 5

    4を濾す。

    工程写真
  • 6

    5をカップに入れ、1個ずつアルミホイルで覆う。 ※ 勢いよく注ぐと泡が立ち、食感が悪くなるので静かに注ぐ。

    工程写真
  • 7

    鍋に2〜3cm程度の湯を沸かし、6を入れ『強火で30秒』ほど加熱しぶくぶくと沸騰したら、フタをして『すぐに弱火』にして13〜15分蒸し焼きする。 ● 深さのあるフライパンでもフタができればOK

    工程写真
  • 8

    表面全体が固まっていれば良い。 【確認方法】 カップに振動を与えて、水面が揺れるような生っぽい部分がなければOK!

    工程写真
  • 9

    【余熱技】 鍋の蒸しプリンは加熱しすぎると食感が悪くなります。目指したいのはツルんした食感のなめらかなプリン。表面の生っぽさが無くなる瞬間で火を止め、あとは余熱で冷めるまで置くとベストな食感に仕上がります。その際、水滴防止のため、アルミホイルは剥がし、フタ内側の水滴が落ちないように、清潔なふきんを挟みましょう。

    工程写真
  • 10

    完全に冷めたらラップをして冷蔵庫で冷やす。 ※ 冷める前にラップをして冷ますと、水蒸気がラップにたまり、水滴がプリンに落ちて風味が悪くなるので気をつけてください!

    工程写真
  • 11

    プリンの隙間にパレットナイフ(なければ竹串でも)を丁寧に刺し、カップの上に平らなお皿をかぶせ、クルッと反転し、カップと皿をしっかり密着させながら、数回振るとカップから取り出せます。

    工程写真
レシピID

387423

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

簡単料理研究家*服部みどり
Artist

簡単料理研究家*服部みどり

【家庭料理には人を幸せにする底力がある】 カラダとココロを整える、健康的でおいしい料理を作って食べたい料理家です 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務(マネジメント・メニュー開発経験あり)など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中。 ★★★ NEW ★★★ ナチュラルフードコーディネーター資格取得 添加物に頼らずに作るヘルシー料理のほか、卵・乳製品などを使わないヴィーガン対応・プラントベース料理のレシピ制作もいたします 【メディア出演関連】 テレビ東京 よじごじDAYS 読売新聞レシピ ラジオ(TOKYO FM / ラジオ埼玉) LDK MONOQLO 家電批評 サンキュ! など 【飲食店メニュー企画】 ・観光地カフェ立ち上げ(東京都小笠原村) ・天然素材のかき氷レシピ開発(東京都神保町) ・添加物を使わないドレッシング開発(千葉県津田沼) テイクアウト専門店メニュー・居酒屋チェーン店・カフェなど 【料理本レシピ企画】 ・スピード完成!野菜の大量消費おかず ・時間がない人のためのやせる超速つくりおき ・時間がない人のための超速つくりおき ・作りおきレンチンおかず ・うちのから揚げがうまい そのほか月刊誌のレシピ企画など 【調理時の撮影】 レシピ制作のほか商品パッケージの撮影向きシズル調理

「料理家」という働き方 Artist History