レシピサイトNadia

    ふとらないおせち料理 低脂質 鶏むね肉でのし鶏 

    主菜

    ふとらないおせち料理 低脂質 鶏むね肉でのし鶏 

    お気に入り

    48

    • 投稿日2022/12/07

    • 更新日2022/12/22

    • 調理時間40(焼き時間25分を含める)

    • カロリー(1人分)88Kcal

    • 総費用目安250

    • 冷蔵保存4~5

    • 冷凍保存1ヶ月

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    我が家の定番のおせち料理です。 鶏の胸肉で作るため大変低脂肪です。 上はケシの実のほか、ゴマ、焼きあがってから青のりもよく合います。 YouTubeにお正月太りしない私の習慣と合わせて 丁寧な作り方の動画をご紹介しています。 https://youtu.be/Sv3fRRpkxhY 鶏むね肉ののし鶏 みかん寒天の三品作っています。 本日12/7 13時半より インスタライブさせていただきます。 お時間ある方ぜひいらしてください。 アーカイブ残します。 1/8カット87.5kcal タンパク質10.1g 脂質1.9g

    材料8人分14×20 高さ2cmのバット

    • 鶏むね肉
      260g
    • 玉ねぎ
      1/2個 100g程度
    • 1個
    • パン粉
      40g
    • 生姜
      小さじ1
    • A
      大さじ2
    • A
      大さじ1
    • B
      味噌
      大さじ1と1/3
    • B
      砂糖
      大さじ2
    • ケシの実
      適量

    作り方

    ポイント

    フードプロセッサーがない場合は鶏のひき肉から作ってください。 手でよく練ってください。 バットはステンレスやホーロー・アルミのものでオーブンに入れられるものを使用してください。

    • 鶏むね肉は皮と脂をとり一口大にカットしておく。

    • 1

      玉ねぎはみじん切りにして耐熱ボウルに入れてラップはせずに500Wの電子レンジで3分加熱し冷ましておく。

      工程写真
    • 2

      フードプロセッサーに鶏むね肉・パン粉と生姜・A 酒大さじ2、水大さじ1を入れてよく攪拌する。

      工程写真
    • 3

      B 味噌大さじ1と1/3、砂糖大さじ2と卵(つや出し用小さじ1程度を別にとった残り)も入れて再度攪拌する。

      工程写真
    • 4

      玉ねぎの加熱したものを加え軽く攪拌する。

    • 5

      バットにクッキングシートを敷いたところに肉を移し平らに整え、卵を刷毛で塗りケシの実を散らす。

      工程写真
    • 6

      180℃に余熱の上がったオーブンで25分程度焼く。 焼きあがったら適当な大きさにカットする。

      工程写真
    レシピID

    447270

    「鶏むね肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「鶏むね肉」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    茨木くみ子
    Artist

    茨木くみ子

    こんにちはノンオイルノンバターで作る保健師の料理研究家です。 身体に優しい、ふとらないレシピをお届けしています。 ノンオイル料理のレシピづくりを始めて30年 最新著書「ふとらないクリームのお菓子」MDNコーポレーション料理の本棚     「ふとらない米粉のお菓子」文化出版局 私はとてもふとりやすく、何度もダイエットに失敗してはリバウンドを繰り返していました。 そんな私がふとらない体になれたのは、 ノンオイルノンバターのこの食事のおかげでした。 油脂は身体に必要ですが、ともすると撮りすぎやすいものです。 身体に必要な脂質は食材からが過不足なく安心です。 私のレシピは、パン、ケーキ、洋食中華でも、 食べると、ご飯、和菓子、和食になるようにレシピで工夫してあります。 よく食べるもの。 たくさん食べるもの。 普段の食事は ノンオイルがおすすめです。 ノンオイルクッキングは身体に優しいだけでなく ほかにもたくさんいいことがあります。 バターや生クリーム、良質のオイルなど高価な食材を使用しないため 経済的。洗い物も洗剤なしでささっと洗えます。 また作り方も簡単です。 身体に優しいノンオイルクッキング、ぜひ始めてみてください。

    「料理家」という働き方 Artist History