レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

悶絶間違いなし♡激うま♡プリンケーキ♡

デザート

悶絶間違いなし♡激うま♡プリンケーキ♡
  • 投稿日2019/08/09

  • 調理時間60

お気に入りに追加

333

親知らずを抜いて歯が痛いという長男のために改めてレシピを考え作りました♡ ちょい回りにスが立ってしまいましたが(笑) 味は抜群です♡ 甘さ控えめですが何ともいえないカラメルの味とプリンのハーモニーがたまらないので抱えて食べたくなります♡ お誕生日やパーティにおすすめ♡

材料8人分18センチ丸型

  • A
    砂糖
    60g
  • A
    大さじ1
  • お湯
    大さじ1
  • 5個
  • B
    牛乳
    500ml
  • B
    砂糖
    60g
  • バニラエッセンス
    少々
  • C
    1個
  • C
    砂糖
    30g
  • 薄力粉
    35g
  • バター(溶かしておく)
    10g

作り方

ポイント

◯それぞれの工程の最後に✱印にポイントやコツを書いたので参考にして貰えればと思います。 ◯今回は18センチの丸型で作っています。

  • ◯オーブンを160℃に予熱します。 ◯お湯をわかして置きます。 ◯型にバター又はマーガリンをハケで塗って置きます。 ◯バターは600wで20秒くらい加熱し溶かして置きます。

    工程写真
  • 1

    【カラメルを作ります】 鍋にA 砂糖60g、水大さじ1を入れて中火で加熱し鍋を回しながら煮詰めます。 回りが焦げてきたらお湯を入れて手早く型に流し入れます。 ✱お湯を入れるとはねるので火傷には注意して下さい。 手早く型に流し入れないと固まってしまうので気を付けて下さい。

    工程写真
  • 2

    【プリン液を作ります】 カラメルを作った鍋にB 牛乳500ml、砂糖60gを入れて弱火にしヘラで混ぜ合わせながら加熱します。 ✱ヘラを使って残ったカラメルを溶かし混ぜ合わせます。

    工程写真
  • 3

    ボウルに卵を割り入れて泡立て器でしっかりとぎます。 人肌くらいまで温めしっかり混ぜ合わせたB 牛乳500ml、砂糖60gを卵の入っているボウルに少しずつ泡立て器で混ぜ合わせながら入れていきます。

    工程写真
  • 4

    しっかり混ぜ合わせたらバニラエッセンスをふり更に泡立て器で混ぜ合わせたら茶こしを使って最低2回はこし3回目をカラメルの入った型の中に流し入れます。

    工程写真
  • 5

    【スポンジの生地を作ります】 ボウルにC 卵1個、砂糖30gを入れたらハンドミキサーの高速で生地がもったりするまで混ぜ合わせます。 ✱生地を持ち上げた時に落ちた生地のあとがつくくらいが目安。

    工程写真
  • 6

    薄力粉をふるって入れヘラに持ち替えてJの字を描くように下から生地を持ち上げるように混ぜ合わせます。

    工程写真
  • 7

    混ぜ合わせたら バター(溶かしておく)を入れて混ぜ合わせ型に流し入れます。

    工程写真
  • 8

    楊枝で少し泡切りをしたら 天板の上に型をのせわかしたお湯を入れてから 160℃に予熱したオーブンの中に入れます。 160℃で40分〜45分湯煎焼きしたら出来上がり♡ オーブンから出して粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして食べて下さい♡

    工程写真
レシピID

378867

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

プリン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

美桜
Artist

美桜

料理家♡ 食材を無駄なく使う事をモットーにレシピを考案しています♡ 捨ててしまいがちな食材にこそ栄養と旨味がたっぷりと詰まっているのでその食材の良さを活かせるように工夫しています♡ 3人の子育て中なので忙しい毎日でも栄養を考え時短で作れるレシピも提供しています♡ 【胸様レシピ】考案中です🤗 ─────────────   《只今コメントへの返信お休み中です🙇💦》 いつも沢山の温かいコメントやいいね・お気に入りを下さる皆様♡♡♡ 本当にありがとうございます!! その1つ1つに毎日励まされ 私のエネルギーになっております🙇 現在返信等中々出来ない状況ですのでこちらにて失礼します🙇 ✔レシピに対する質問等は お時間あいてしまう事もありますが💦 お答えしております🙇 ───────────── 毎日更新中↓ Instagram★chakichaki52 ブログ★https://ameblo.jp/yyy3052/

「料理家」という働き方 Artist History