レシピサイトNadia
    栁川かおりのレシピノート。 vol.21 しっとり、おから煮。
    • 公開日2022/06/15
    • 更新日2022/06/15

    栁川かおりのレシピノート。 vol.21 しっとり、おから煮。

    和食の定番「おから煮」。栁川さんのおから煮は、にんじんやひじきや油揚げなどたくさんの具材と炊いた、しっとりと優しい味わい。そんな、しみじみと美味しいおから煮の作り方をご紹介します。たくさんの工程写真でより分かりやすく、丁寧に。いつも紹介しているレシピでは書ききれない、細かいポイントまでしっかりと。栁川さんの美味しさのこだわりが詰まったレシピノートです。ぜひ一度、レシピ通りに作ってみてください。

    このコラムをお気に入りに保存

    195

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    栁川かおりのレシピノート。 vol.21 しっとり、おから煮。

    自分でもおから煮を作ろうと思い立ったのは、ちょっといい和食屋さんとか、旅館の朝ご飯で小さく添えられたおから煮を、しみじみ美味しく感じるようになってから。こういうちょっと地味めなおかずは、子どもたちからリクエストがくるということはまだないけれど、例えば同じ「食べない」料理でも、それを知っていて食べないのと、知らなくて食べないのでは大きく違うと思うのです。ふと気が向いたときに食べる、そんな頻度でいいからと、私も気が向いたときにちょこちょこ作っています。大きくなって自分で食べたいと思うようになるかは、子どもたち次第。

     

    おから煮の作り方

    材料(4人分)
    おから 200g
    にんじん 1/4本
    ひじき(水煮) 20g
    油揚げ 1枚
    干ししいたけ 1~2枚
    しらたき 30g
    長ねぎ(青い部分から) 1/3本
    サラダ油 大さじ3
    だし汁 300ml
    Aみりん 大さじ1
    A醤油 大さじ1
    A砂糖 大さじ1
    A塩 小さじ1/3(~1/2)
    いりごま 適量

     

    【作り方】

    1.干ししいたけはたっぷりの水で戻しておきます。大きいものなら1枚、小さめなら2枚程度。だし汁は昆布や削り節など、お好みのものでOK。干ししいたけの戻し汁を加えても。簡単にだしをとるときは、ボウルに削り節と昆布を入れて熱湯を注ぎ、そのままおいたものを使っています。

     

    2.具になる野菜類を準備します。にんじんは皮をむき、薄切りにしてから端から細切りに。

     

    3.油揚げは3等分に切ってから細切りにします。

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    195

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    ╲ 人気連載コラム ╱

    栁川かおりのレシピノート。シリーズ

    関連コラム