レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

アップル♪エッグベネティクト

主食

アップル♪エッグベネティクト
  • 投稿日2016/03/05

  • 調理時間30

オランデソースにりんごのフレイバーを加えたエッグベネディクトです。 爽やかな味のアップルの甘みとベーコンと半熟卵がトロリとして大変おいしく食欲を増します。お休みのの朝に如何でしょうか?

材料1人分

  • りんご
    1/2個(赤玉)
  • A
    ハチミツ
    小さじ2
  • A
    ひとつまみ
  • 卵黄
    1個分
  • 無塩バター
    35~50g
  • りんごのすりおろしジャム
    大さじ1
  • B
    白ワイン
    大さじ1/2
  • B
    レモン汁
    大さじ1/2
  • B
    ひとつまみ
  • B
    こしょう
    少々
  • 1個
  • 熱湯
    500㏄
  • 小さじ1
  • 少々
  • スプラウト
    適量
  • イングリッシュマフィン
    1/2枚
  • りんごのすりおろしジャム
    大さじ2~
  • カリカリに焼いたベーコン
    2枚
  • ポーチドエッグ
    1個
  • リンゴのスライス
    2枚

作り方

ポイント

料理の工程時間がかかるので、ジャムを作っている間にポーチドエッグを作る→次にベーコンを焼きながら、マフィンを焼く、と言った感じで作業をすると30分で完成します。ソースとジャムを作っておくと便利です。

  • 主な材料です。

    工程写真
  • 1

    〜りんごのすりおろしジャムを作る〜 きれいに洗ったりんごを皮付きですりおろし、耐熱ボウルに入れる。 A ハチミツ小さじ2、塩ひとつまみを入れ、500Wの電子レンジで3分ほど加熱する。

    工程写真
  • 2

    少し水分が抜けて、うっすらピンク色に染まってジャムのようになります。

    工程写真
  • 3

    〜アップルオランデーズソースを作る〜 別のボウルに卵黄を40度の湯煎にかけ、白くもったりするまで撹拌する。

    工程写真
  • 4

    耐熱容器に無塩バターを入れて、80℃前後まで温める。 (バターの分量は50gまで。脂肪が気になる人の為に下限は35gがギリギリの量です。)

    工程写真
  • 5

    【3】の卵黄に【4】の溶かしバターを少しずつ入れながらホイッパーで撹拌する。 バターが少ないので固めのソースに仕上がります。

    工程写真
  • 6

    【2】のりんごのすりおろしジャムを大さじ1、B 白ワイン大さじ1/2、レモン汁大さじ1/2、塩ひとつまみ、こしょう少々を入れて混ぜたらアップルオランデソースの完成。

    工程写真
  • 7

    〜ポーチドエッグを作る〜 熱湯に酢を入れて殻から割った卵をそっと入れる。湯をグルグル回す。

  • 8

    少し火を弱め、アクを取りながら回し、3分間茹でたら取り出し、使うまでぬるま湯に入れて置く。使う時は水分をふく。

  • 9

    〜盛り付け〜 お皿にスプラウトを敷く。その上に軽く焼いたイングリッシュマフィンをのせる。

  • 10

    焼いたマフィンの上にりんごのすりおろしジャムの残りををかけて、カリカリに焼いたベーコン、ポーチドエッグ、【6】のオランデーズソースをかけ、リンゴのスライスをのせたら完成です。

    工程写真
  • 11

    とろりとした黄身とオランデーズソースがリンゴソースにベーコンがマッチし、爽やかに喉を通って行きます。大変おいしいです。

    工程写真
レシピID

135384

「ソース」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ソフト系のパン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

吉村ルネ
Artist

吉村ルネ

低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

「料理家」という働き方 Artist History