レシピサイトNadia

    うま味でおいしく減塩♪簡単具沢山ごちそう茶碗蒸し

    副菜

    うま味でおいしく減塩♪簡単具沢山ごちそう茶碗蒸し

    お気に入り

    97

    • 投稿日2021/10/13

    • 更新日2021/10/13

    • 調理時間20

    きのこと銀杏が美味しい季節になりました。 季節ものは香りが強く、料理の美味しさが増します。 また、茶碗蒸しは蒸すだけで簡単に作れるのも嬉しい上、栄養価は高く低カロリー。まさにダイエット向きです。 銀杏は糖質が多いので少な目に入れて秋の味覚を味わいます。 ・時短でツルツル滑らかな食感で作りたい場合は中火で10分。 ・シットリ滑らかさの食感を求めたい場合は弱火で20分加熱してください。 どちらも美味しいのでお好みで蒸して下さい。

    材料3人分250~300cc入りの器3個分

    • A
      玉子
      2個
    • A
      水(または昆布水)
      300ml
    • A
      味の素®
      二振り
    • A
      昆布白だし
      小さじ2~3
    • 鶏モモ肉
      60g
    • 銀杏
      6個
    • 冷凍むき海老
      3尾
    • ぶなしめじ
      1/2袋
    • 三つ葉
      3本 4g

    作り方

    ポイント

    昆布水でなくても十分美味しいので、まずは水と味の素®で作ってみて下さい。 蒸し時間を変えることで滑らかさが微妙に変わります。 ・時短でツルツル滑らかな食感で作りたい場合は中火で10分。 ・シットリ滑らかさの食感を求めたい場合は弱火で25~30分加熱してください。(弱火でも火加減によって異なります。) どちらも美味しいのでお好みで蒸して下さい。

    • ・鶏モモ肉は、余分な脂肪を取り除き一口大に切る。1切れが20gぐらい。 ・銀杏は殻を割って鬼皮も剥く。 ・冷凍むき海老は水につけて戻し背わたを楊枝で取る。 ・ぶなしめじは3つに分ける。

      工程写真
    • 1

      A 玉子2個、水(または昆布水)300ml、味の素®二振り、昆布白だし小さじ2~3の玉子をボウルに入れてほぐし、水を入れながらよく混ぜる。 続いて味の素、昆布白だしを加え混ぜる。 混ぜ合わせたら濾す。

      工程写真
    • 2

      下準備をした鶏モモ肉、銀杏を器に入れてA 玉子2個、水(または昆布水)300ml、味の素®二振り、昆布白だし小さじ2~3を注ぎ入れ、ぶなしめじ、むき海老、紅葉の型に切り抜いたにんじん、三つ葉を盛り付ける。

      工程写真
    • 3

      強火で煮たたせた蒸し器に、具材を入れた器を並べる。 器の蓋がない場合は鍋の蓋にフキンを被せてピッチリと蓋をして火を中火に下げ、10分蒸したら完成。 (1人分の栄養価) 総カロリー132kcal タンパク質 11.58g 脂質 7.52g 炭水化物 3.83g 糖質※ 2.91g

      工程写真
    • 4

      【味の素】 この昆布表面の白い粉は、マンニットと呼ばれる糖で甘味成分の1つです。 マンニットは昆布に含まれる成分で乾燥させて出荷されるのですが、少し水分が含まれており、しばらく保存しておくと水分が出てくるのと同時にマンニットも出てきて白い粉となります。 昆布を湿度が高い場所に保存すると、空気中の水分を吸収してしまいます。そして空気が乾燥してくると再び乾燥する。このような環境が繰り返しが起こるとマンニットが出きます。 このマンニットをなめてみるとうっすらと甘みがあり、うま味成分の一種だと言うのが理解できます。 昆布にはうまみ成分のグルタミン酸(さとうきび由来の味の素)のほかにも、マンニットと呼ばれる甘みを作り出す栄養素がふくまれています。 【昆布水の作り方】 1リットルの水に10センチ角の昆布を入れて一晩漬けておきます。 スープや味噌汁などに使えます。 さらに味の素®を250~300㏄に一振りすると味がもっとまろやかになります。

      工程写真
    レシピID

    423454

    「銀杏」の基礎

    「えび」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    吉村ルネ
    Artist

    吉村ルネ

    低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング/出汁料理家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

    「料理家」という働き方 Artist History