レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

むね肉の甘辛しょうゆ漬け【#下味冷凍 #冷凍保存 #ポリ袋】

主菜

むね肉の甘辛しょうゆ漬け【#下味冷凍 #冷凍保存 #ポリ袋】
  • 投稿日2018/09/26

  • 調理時間10(下味をつける時間&放置する時間を除く)

鶏むね肉を使った超簡単激ウマメイン!! 作り方は、とーっても簡単で、鶏むね肉にしょうゆ・みりん・酒・砂糖、そしてお好みでにんにくを揉み込み、あとはお湯にドボン!! 3分ほど煮たあと、火を止めて30分放置すれば完成♪作っている間は放置でOKな上、ガス代の節約にもなって一石二鳥。 たったこれだけだけど、むね肉はしっとり柔らか〜。時間をおけば、味がしっかり染み込むので、作り置きに最適です!

材料2人分

  • 鶏むね肉
    1枚(300g)
  • A
    しょうゆ、みりん
    各大さじ2
  • A
    大さじ1
  • A
    砂糖
    小さじ1
  • A
    にんにく
    チューブ1〜2cm

作り方

ポイント

⚫︎鶏肉はレンジ加熱すると、ポンと破裂する恐れがあるため、ポリ袋は耐熱性であっても使用は控えた方が無難です。(ポリ袋に穴が空きます←経験済み。笑) ⚫︎電子レンジ500wの方は、4分50秒。 ⚫︎電子レンジ700wの方は、3分10秒。 ⚫︎日持ちは、冷蔵庫で3〜4日、冷凍庫で30日です。 ⚫︎時間を優先するならレンジがオススメ!味しみと柔らかさを優先するなら湯煎がオススメです!

  • オススメの付け合わせスープはこちら→https://oceans-nadia.com/user/22780/recipe/362594(キャベツとひき肉のかき玉とろみスープ)

    工程写真
  • 1

    鶏肉は皮目からフォークで数カ所穴をあけ、A しょうゆ、みりん各大さじ2、酒大さじ1、砂糖小さじ1、にんにくチューブ1〜2cmと共にポリ袋に入れ(湯煎にかける場合は耐熱性もので!)よく揉み込む。そのまま30分以上おく(時間あれば半日〜ひと晩)。

    工程写真
  • 2

    鍋にたっぷりのお湯を沸かし(底に必ずお皿を敷いて)、1を入れる。弱火で3分ほど煮たら火を止め、蓋をして30分おく。作り置きする場合は、冷めたらそのまま冷蔵庫か冷凍庫へ♪

    工程写真
  • 3

    【レンジの場合】 耐熱容器に1を漬け汁ごと入れ、ふんわりラップをする。電子レンジ600wで約4分加熱し、庫内で5分蒸らす。

    工程写真
  • 4

    時間があれば、耐熱性のポリ袋にタレごと入れて口を閉じ、粗熱が取れるまでおくと、味が染みて美味しくなります♪

    工程写真
  • 5

    【ポイント】 ⚫︎鶏むね肉は、鶏もも肉でも代用可能です。 ⚫︎にんにくが苦手な方は省いてもOKですが、鶏肉の臭みが気になるようでしたら、しょうがなどで代用しても! ⚫︎甘めの味付けです。お好みでみりんの量を減らしてお試しください。 ⚫︎耐熱性ポリ袋は、アイラップやクレハ キチントさん キッチンパックを使用しています。 ⚫︎レンジ加熱の際、耐熱容器にクッキングシートを敷いています♪こうすることで、タレがこびりつかないので、洗い物がラクになります。

レシピID

362589

「鶏むね肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

鶏むね肉」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

Yuu
Artist

Yuu

福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

「料理家」という働き方 Artist History