レシピサイトNadia
    主菜

    豆苗と糸こんにゃくのヘルシープルコギ【#包丁不要#ヘルシー】

    • 投稿日2019/02/06

    • 更新日2019/02/06

    • 調理時間15

    豆苗と糸こんにゃくを使ったヘルシープルコギ。 材料を重ねてフライパンで蒸し焼きにするだけなので、とってもお手軽!! また、糸こんにゃくにも味がしみしみで、ヘルシーなのに満足感アップ! 豆苗を加えることで、彩りがアップする他、シャキシャキの食感もアクセントに♡

    材料2〜3人分

    • 豚バラ薄切り肉
      200g
    • 糸こんにゃく
      1袋(200g)
    • えのきだけ
      小1袋(100g)
    • 豆苗
      1袋(100g)
    • A
      焼肉のたれ
      大さじ3
    • A
      コチュジャン、すり白ごま
      各大さじ2
    • A
      ごま油
      大さじ1
    • A
      しょうゆ、豆板醤
      各小さじ1
    • A
      塩、こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    ⚫︎豚バラ薄切り肉は、ロースでも代用可能です。

    • 1

      豚バラ薄切り肉はA 焼肉のたれ大さじ3、コチュジャン、すり白ごま各大さじ2、ごま油大さじ1、しょうゆ、豆板醤各小さじ1、塩、こしょう少々を揉み込む。糸こんにゃくは、お湯でサッと茹で、えのきだけと豆苗は、キッチンバサミで根元を切り落とす。

      工程写真
    • 2

      フライパンに、糸こんにゃく→えのきだけ→豚肉の順に重ね、酒大さじ1(分量外)をふる。蓋をして中火にかけ、全体に火が通るまで、10分ほど蒸し焼きにする。

      工程写真
    • 3

      蓋をとって豆苗を加え、サッと炒め合わせる。

      工程写真
    レシピID

    369384

    質問

    作ってみた!

    • かおちゃん
      かおちゃん

      2023/05/18 17:43

      豆苗と糸こんにゃくでヘルシーなのが嬉しく、コチュジャンや豆板醤が入ったピリ辛の味付けが白いご飯🍚にもぴったり合って美味しかったです💯
    • まきまき
      まきまき

      2020/02/27 02:10

      ヘルシーで是非作りたいデス♡ 日持ちはしますか?
    • うりんこ。
      うりんこ。

      2019/02/12 16:50

      こんなに美味しいのにヘルシーって嬉しいです♡
    • 田村 りかArtist
      田村 りか

      2019/02/06 00:01

      めちゃくちゃ美味しそうです。絶対作ります!!レシピありがとうございます。

    こんな「プルコギ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「えのき」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Yuu
    • Artist

    Yuu

    料理研究家・野菜ソムリエ

    • 野菜ソムリエ

    福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

    「料理家」という働き方 Artist History