レシピサイトNadia
    副菜

    雑でも出来る!雑でok!即席絶品だしまきたまご

    • 投稿日2020/05/14

    • 更新日2020/05/14

    • 調理時間5

    こだわろうとしたら無限にレシピがありますが、これはとにかく雑でok!早い!しっとりふわふわ旨い!のズボラだしまきたまごです。 ポイントは中火でざっくりやっちゃうこと。すぐ火が通るので目は離せませんが、そのかわりすぐ出来ます! お箸でアツアツをそのまま召し上がれ♡

    材料2人分

    • たまご
      2個(M)
    • A
      大さじ3
    • A
      みりん
      小さじ2
    • A
      顆粒だし
      小さじ1
    • A
      醤油
      小さじ1/2
    • サラダ油
      適量

    作り方

    ポイント

    最初に卵液を入れる時点でしっかりフライパンが熱くなっていること、弱火ではなく中火で手早く仕上げることがポイントです。

    • 1

      ボウルにA 水大さじ3、みりん小さじ2、顆粒だし小さじ1、醤油小さじ1/2を入れてよく混ぜ、たまごを加えてざっと混ぜる。

      工程写真
    • 2

      たまご焼き器(又はフライパン)を中火に熱してサラダ油を馴染ませ、1の卵液のうち半分を一気に流し入れる。 ↓ 数秒待ったら奥側から手前に向け、フライ返しでズズズっと手前に寄せる。

      工程写真
    • 3

      2でズズズっと寄せたたまごの塊を奥に滑らせ、必要があればまたサラダ油を馴染ませて残りの卵液を流し入れる。

      工程写真
    • 4

      次はフライ返しでパタンと一回、また一回と巻いていく。 ※写真のようにクシャッとなっていて全く問題なしです!

      工程写真
    • 5

      手前まで巻けたら火を止める。30秒ほどそのままにし、余熱で火を入れる。

      工程写真
    レシピID

    391741

    質問

    作ってみた!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    おねこ
    • Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家

    呑兵衛料理家。豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社) ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」

    「料理家」という働き方 Artist History