レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

『我が家のとろとろ節約ロールキャベツ』

主菜

『我が家のとろとろ節約ロールキャベツ』
  • 投稿日2020/01/29

  • 調理時間15(炊飯時間除く)

鶏ひき肉×豆腐の激安コンビで作るロールキャベツです♪『ロールキャベツは葉がとろとろじゃないと嫌!』という彼のために、炊飯器を活用したレシピになっています(笑)途中で味を変えたい方は、ケチャップを加えるとトマト風味になっておいしいです♪

材料3人分6~8個分

  • キャベツの葉
    6~8枚
  • A
    鶏ひき肉
    160~180g
  • A
    豆腐
    150g
  • A
    1個
  • A
    パン粉
    大さじ4
  • A
    コンソメ顆粒
    小さじ1
  • A
    塩胡椒
    適量
  • B
    400ml
  • B
    コンソメキューブ
    1個
  • ブラックペッパー
    適量

作り方

ポイント

・(鶏ひき肉を使用しているので)肉だねは成形せず、うすく伸ばしくるくると巻くことで、キャベツの葉が間に入り、肉だねが固くなりすぎるのを防ぎます♪ ・キャベツの芯はタネとして使用します。レモン果汁をふり水気を絞ることで、青臭さが消えます♡ ・炊飯ジャーにロールキャベツをぎゅうぎゅうに詰めてください。 ・キャベツの大きめの葉が用意できない場合は、小さめの葉を2枚繋げて一枚の大きな葉のようにして巻いてください♪

  • 1

    キャベツの葉を6~8枚剥ぐ。(大きめの葉) 芯に切れ込みを入れて、葉に合わせて指を入れていき剥ぐと剥ぎやすいです♪

    工程写真
  • 2

    キャベツの芯は巻きやすいよう薄くそぎ取る。

    工程写真
  • 3

    鍋にたっぷりのお湯を沸かし、キャベツの葉を3分程茹でる。 (2回に分けて3~4枚ずつ茹でるのがいいと思います♪)

    工程写真
  • 4

    その間にキャベツの芯をみじん切りにする。 ※芯の青臭さが気になる場合は、レモン果汁(分量外)小さじ1程度をふりかけ、水気をしっかりと切って下さい♪ クエン酸で青臭さが消えます♡

    工程写真
  • 5

    豆腐をキッチンペーパーで包み、600Wで1分加熱し、水気を切る。

    工程写真
  • 6

    ボウルにA 鶏ひき肉160~180g、豆腐150g、卵1個、パン粉大さじ4、コンソメ顆粒小さじ1、塩胡椒適量と水気を絞ったキャベツの芯を加えよくこねる。

  • 7

    茹でて柔らかくしたキャベツの葉に、タネをのせ(写真参照)

    工程写真
  • 8

    芯のほうから一度巻き、

    工程写真
  • 9

    両サイドの葉を折りたたむようにし、

    工程写真
  • 10

    きつく巻いていく。

    工程写真
  • 11

    炊飯ジャーにロールキャベツを巻き終わりを下にして、詰める。 B 水400ml、コンソメキューブ1個を加え、普通炊飯する。

    工程写真
  • 12

    炊飯が終われば、ブラックペッパーを適量かける。

    工程写真
レシピID

385501

「豆腐」の基礎

「キャベツ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ロールキャベツ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 同い年の彼と同棲中。 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【著書】 「りなてぃの一週間3500円献立」 第8回レシピ本大賞準大賞受賞 新刊「りなてぃの一週間3500円献立2」 シリーズ累計55万部突破 (2021.09.21現在) 【調味料のこと】 醤油はニビシ特級うまくち(九州醤油) 味噌はフンドーキン無添加合わせ味噌 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History