レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

安うまヘルシー♡『豆腐ハンバーグの和風きのこあんかけ』

主菜

安うまヘルシー♡『豆腐ハンバーグの和風きのこあんかけ』
  • 投稿日2021/01/31

  • 調理時間20

お気に入りに追加

5067

熱々のきのこあんをかけたお豆腐ハンバーグ♡ 豆腐でかさまししたふわふわ食感のハンバーグに、和風に味付けしたきのこあんをかけ満足度を高めました♪豆腐ときのこなので節約&ヘルシー!罪悪感のない嬉しい1品、味もとっても美味しいですよ(^^)/

材料2人分

  • 合いびき肉
    200g
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • 充填豆腐
    1パック(150g)
  • A
    溶き卵
    1個分
  • A
    パン粉
    大さじ6
  • A
    塩胡椒・ナツメグ
    適量
  • サラダ油
    大さじ1/2
  • しいたけ
    3個
  • えのき
    1/2袋
  • B
    100ml
  • B
    酒・みりん
    各大さじ2
  • B
    醤油・砂糖
    各大さじ1
  • B
    ほんだし
    小さじ1/4
  • 片栗粉
    大さじ1/2

作り方

ポイント

◆豆腐を使用してかさまし!ふわふわのハンバーグに仕上がります。 ◆充填豆腐→パック詰めの絹豆腐。水が張られておらずそのままご利用いただけます。 ◆きのこはお好みのもので大丈夫です! ◆2月1週間献立をご利用の方は大葉4枚を細切りにし、トッピングにご利用下さい♪

  • 1

    玉ねぎはみじん切りにし、ボウルに入れふんわりとラップをして600Wで2分30秒加熱する。 取り出して、冷ましておく。

    工程写真
  • 2

    1の間に和風きのこあんを作る。 しいたけはスライス、えのきは食べやすい大きさに切る。 小さめのフライパンにしいたけ、えのき、B 水100ml、酒・みりん各大さじ2、醤油・砂糖各大さじ1、ほんだし小さじ1/4を加え軽く煮立てる。 火を止め、片栗粉を倍量の水(大さじ1)で溶き、回し入れとろみをつける。

    工程写真
  • 3

    ボウルに充填豆腐を加え、泡だて器でなめらかになるまでしっかりと混ぜる。 ※滑らかになるまでよく混ぜることで口当たりのよいふわふわのハンバーグに仕上がります。

    工程写真
  • 4

    合いびき肉、冷やした玉ねぎ、A 溶き卵1個分、パン粉大さじ6、塩胡椒・ナツメグ適量を加えよくこねる。 ※タネのゆるさはパン粉の量で調整可

    工程写真
  • 5

    手にサラダ油(分量外)を薄く塗り、4等分にして手のひらを行き来させ空気を抜きながら成形する。 ※サラダ油を塗ることで、タネが手にくっつかず綺麗に成形できます。また、表面をオイルコーティングでき、焼き上がりも綺麗に!

    工程写真
  • 6

    フライパンにサラダ油を熱し、タネの中央を指で窪ませて加える。 強火で両面にしっかりと焼き色をつける。

    工程写真
  • 7

    焼き色がつけば弱火にし、蓋をして5分蒸す。 5分後竹串を刺し透明の肉汁が出てくればOK! あんを温め直します。

    工程写真
  • 8

    器にハンバーグを盛り、和風きのこあんをかける。

    工程写真
レシピID

406167

「きのこ」の基礎

「しいたけ」の基礎

「えのき」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ハンバーグ」「豆腐ハンバーグ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History