レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

かに雑炊

主食

かに雑炊
  • 投稿日2013/01/08

  • 調理時間10

お気に入りに追加

18

かにの殻と昆布でじっくり出汁を取った、旨味たっぷりの雑炊。かにの殻は食べ終わった後のもので十分です。出汁を取るといっても一晩浸けておくだけ、本格的な味の雑炊が簡単に作れます。

材料2人分

  • かにの殻
    60g~
  • かにの身
    適量
  • 大根の葉
    大根1本分
  • かぶの葉
    かぶ3個分
  • ご飯
    2人前
  • 2個
  • A
    昆布
    1枚(3cm)
  • A
    大さじ1
  • A
    適量
  • B
    塩麹
    大さじ1
  • B
    少々

作り方

ポイント

◆かにの殻・身の量が少ない場合は、かに缶などで随時補っても。◆塩麹を入れることでグンと美味しくなりますが、入れすぎるとかにの風味が楽しめないのでお塩と併用すると良いと思います。

  • 1

    土鍋にかにの殻とA 昆布1枚、酒大さじ1、水適量を入れ、弱火に15分ほどかけて火を止める。そのまま一晩置き、じっくりとかにの出汁を取る。

  • 2

    大根の葉とかぶの葉は軽く下ゆでして水気をしぼり、みじん切りに。かにの身は食べやすくほぐす。ご飯は水洗いしてぬめりを取り、ざるに上げておく。

  • 3

    かにの殻と昆布を取り出した 1) を火にかけ、大根の葉とかぶの葉、かにの身を入れてB 塩麹大さじ1、塩少々で味付けする。煮立ったらご飯を入れる。

  • 4

    再び煮立ったところで仕上げの溶き卵をまわし入れ、一度蓋をして、好みのかたさに火を入れたらできあがり。

レシピID

100227

コメント

送信

関連キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 企業向けレシピの開発、スタイリング・撮影、 食関連の書籍・コラムの執筆、翻訳、 セミナーイベントへの登壇、講演など 幅広く活動しています。 ●旬の食材、季節感を大切にしたおかず ●ひと鍋で作れる欧風家庭料理 ●簡単エスニック 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専門にし、 現地に在住。日本食が食べたくて 食材や調味料にあれこれ工夫した経験や、 ヨーロッパの家庭料理・郷土料理を学ぶことで 触れた各国の食文化と食への取り組みなど、 レシピにも活かしていけたらと思っています。 2020年、欧州連合(EU)の 食品・飲料プロモーション 「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、 EU食材×日本食材のマッチングによる 季節のオリジナルレシピを開発・監修。

「料理家」という働き方 Artist History