レシピサイトNadia
    デザート

    抹茶プリン♪史上最強のおいしさに感動~♡

    • 投稿日2017/08/19

    • 更新日2017/08/19

    • 調理時間15

    本当においしすぎて、食べた瞬間に言葉を失う『激ウマ♡抹茶プリン』です。自分でも「何でこんなにおいしいレシピを作ってしまったんだろう・・!?」と思うほど!トロろ~ん♪プルる~ん♪とした食感は、絶対に素人では出せない味。「おいしすぎてごめんなさい・・♪」とあらかじめ謝まっておきますね♡

    材料※150ml×3個分のレシピです。

    • 牛乳 
      250ml
    • 生クリーム 
      150ml
    • グラニュー糖 
      55g
    • 抹茶 
      8g
    • 粉ゼラチン 
      6g
    • A
      抹茶 
      小さじ1/2
    • A
      砂糖 
      大さじ1
    • A
      熱湯 
      大さじ1
    • ゆであずき 
      適量(加糖のもの)
    • ホイップクリーム 
      適量(市販品でOK)

    作り方

    ポイント

    (※1)プルルンとした食感にするために粉ゼラチンの分量をギリギリまで少なくしています。なので、確かに固まるまでに時間がかかるのですが、根気よく待ってしっかりと固まるまで冷蔵庫に入れてじっくりと待ちましょう!    

    • ①あらかじめ抹茶ソースを作っておきます。 A 抹茶 小さじ1/2、砂糖 大さじ1、熱湯 大さじ1を小さな器に投入して、アイシング用の小さな泡だて器でよく混ぜ合わせておきます。乾燥してしまわないようにラップをして冷蔵庫に入れておきます。

    • 1

      ガラス製の耐熱ボールに牛乳、生クリーム、グラニュー糖を投入して500Wの電子レンジで3分~3分20秒ほど加熱します。

    • 2

      1に抹茶を溶かし入れ、泡だて器でよく混ぜていきます。  

    • 3

      抹茶がしっかりと溶けたら、今度は粉ゼラチンを少しずつ投入しながら泡だて器で混ぜながらしっかり溶かしていきます。 ここで粗熱を取ります。

    • 4

      3を器に流し入れて冷蔵庫で3時間ほどしっかりと固めます。 はじめはゆるくて心配になるでしょうが、3時間後にはちょうどよい加減に固まるので安心して待ちましょう。

    • 5

      固まったら冷蔵庫から取り出して、ゆであずきを乗せ、ホイップクリームを絞って下準備①の抹茶ソースをかけて供します。

    レシピID

    184470

    質問

    作ってみた!

    • はちみつぱん
      はちみつぱん

      2019/05/16 20:58

      ほんっっっとに美味しかったです❤️❤️

    こんな「スイーツ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「生クリーム」の基礎

    「ゼラチン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    豊田 亜紀子
    • Artist

    豊田 亜紀子

    家庭料理研究家

    家庭料理研究家&クリエイター 料理教室 Pinkish Rose Club 主宰 <フード資格> 野菜ソムリエ アスリートフードマイスター 薬膳アドバイザー スパイス香辛料アドバイザー スパイスインストラクター メディカルハーブカウンセラー ハーブライフインストラクター <その他の資格> パーソナルカラーアナリスト/イメージコンサルタント/ 実用英語検定準1級/日商簿記2級/華道師範 <自己紹介> 日本と世界の家庭料理(アメリカ料理専門)、及び、スパイスとハーブ料理のレシピをご紹介しております。 40~50代の主婦層を中心に支持されている二児の母。 Hiphop・Jazz・R&B・Soul music lover♡ <現在の活動> 大手食品メーカーのスパイスレシピ開発をメインに活動中。 また、カラーイメージコンサルタントとして、色彩を整えることに特化しており、料理の全体構成・企業様のブランディングのイメージメイキング作成のお手伝いを致します。 また、経済、会計等の知識も持ち合わせております。 <注記> 統計を正しく把握するため、自身のブログ及び各サイトにおいてもフォローを『0』数値に設定しており、相互フォローは一切行っておりません。宜しくご了承下さい。

    「料理家」という働き方 Artist History