旬の春菊を使って。牡蠣と春菊のグラタン

30

2020.12.27

分類主食

調理時間: 30分

ID 403744

高橋 春奈

1品で♬大人も子供も満足ごはん

旬の春菊を牡蠣とリガトーニでちょっと大人のグラタンに。
春菊といえば鍋物、どちらかというと苦味があってアクが強めのイメージですが、実はほうれん草よりもアクは少なく炒めものや洋食にも使えるんです!
使うマカロニはちょっと太めのリガトーニで見た目も食べ応えも抜群。
子供もグラタンとなれば春菊もパクパク食べてくれて、大人も白ワインと一緒に楽しめる週末メニューです。

    材料4人分
    牡蠣 120g
    春菊 150g
    リガトーニ 150g
    ホワイトソース缶 1缶(290g)
    牛乳 200ml
    パルミジャーノ・レッジャーノ 30g(粉チーズで代用可)
    コンソメブイヨン(顆粒タイプ) 小さじ1/2(キューブタイプならば1/4個)
    白ワイン 100ml(無ければ水で代用可)
    パン粉 大さじ1
    塩こしょう 少々
    片栗粉 大さじ2(牡蠣の下処理用)
    作り方
    Point!
    ・春菊は土がついていたら切る前によく洗い流します。
    ・牡蠣は片栗粉をまぶしてぬめりを取り、最初に焼くときは焼き目を付ける程度に。後で春菊とワイン蒸しにする時に火が通ります。
    ・リガトーニは他のパスタでも代用可能。
    1. ・牡蠣に片栗粉を揉み込み、水で洗い流してぬめりを取る。
      ・春菊は約5センチのざく切りにする。
      ・パルミジャーノ・レッジャーノを卸しておく。
      ・鍋に1%の塩を加えた湯を沸かし、リガトーニを表示時間通りに茹でる。
    2. 油をしいたフライパンで、牡蠣の両面を中火で焼く。中まで火を通さず、焼き目がついたら一旦取り出す。
    3. 同じフライパンで、春菊を炒める。軽く塩こしょうをし、春菊がしんなりとして約半量になったら牡蠣をフライパンに戻す。白ワインを加え、中火でアルコールを飛ばす。
    4. ②にホワイトソース缶、牛乳、コンソメブイヨン(顆粒タイプ)、2/3の量のパルミジャーノ・レッジャーノ、茹でたリガトーニを加える。一煮立ちしたら味見をし、塩こしょうで味を整える。
    5. ③をグラタン皿に移し、残りのパルミジャーノ・レッジャーノ、パン粉、オリーブオイル(分量外)を振り、トースターで約10分焼き、焼き目を付ける。
    1 33
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「牡蠣 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。