レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

旬の春菊を使って。牡蠣と春菊のグラタン

主食

旬の春菊を使って。牡蠣と春菊のグラタン
  • 投稿日2020/12/27

  • 調理時間30

旬の春菊を牡蠣とリガトーニでちょっと大人のグラタンに。 春菊といえば鍋物、どちらかというと苦味があってアクが強めのイメージですが、実はほうれん草よりもアクは少なく炒めものや洋食にも使えるんです! 使うマカロニはちょっと太めのリガトーニで見た目も食べ応えも抜群。 子供もグラタンとなれば春菊もパクパク食べてくれて、大人も白ワインと一緒に楽しめる週末メニューです。

材料4人分

  • 牡蠣
    120g
  • 春菊
    150g
  • リガトーニ
    150g
  • ホワイトソース缶
    1缶(290g)
  • 牛乳
    200ml
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
    30g(粉チーズで代用可)
  • コンソメブイヨン(顆粒タイプ)
    小さじ1/2(キューブタイプならば1/4個)
  • 白ワイン
    100ml(無ければ水で代用可)
  • パン粉
    大さじ1
  • 塩こしょう
    少々
  • 片栗粉
    大さじ2(牡蠣の下処理用)

作り方

ポイント

・春菊は土がついていたら切る前によく洗い流します。 ・牡蠣は片栗粉をまぶしてぬめりを取り、最初に焼くときは焼き目を付ける程度に。後で春菊とワイン蒸しにする時に火が通ります。 ・リガトーニは他のパスタでも代用可能。

  • ・牡蠣に片栗粉を揉み込み、水で洗い流してぬめりを取る。 ・春菊は約5センチのざく切りにする。 ・パルミジャーノ・レッジャーノを卸しておく。 ・鍋に1%の塩を加えた湯を沸かし、リガトーニを表示時間通りに茹でる。

  • 1

    油をしいたフライパンで、牡蠣の両面を中火で焼く。中まで火を通さず、焼き目がついたら一旦取り出す。

  • 2

    同じフライパンで、春菊を炒める。軽く塩こしょうをし、春菊がしんなりとして約半量になったら牡蠣をフライパンに戻す。白ワインを加え、中火でアルコールを飛ばす。

  • 3

    ②にホワイトソース缶、牛乳、コンソメブイヨン(顆粒タイプ)、2/3の量のパルミジャーノ・レッジャーノ、茹でたリガトーニを加える。一煮立ちしたら味見をし、塩こしょうで味を整える。

  • 4

    ③をグラタン皿に移し、残りのパルミジャーノ・レッジャーノ、パン粉、オリーブオイル(分量外)を振り、トースターで約10分焼き、焼き目を付ける。

レシピID

403744

「牡蠣」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

グラタン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

高橋 はるな
Artist

高橋 はるな

作りやすくて体に優しい、シンプルなおつまみごはん。オートミールやオイルを使ったヘルシーな手作りおやつが得意。 かつては大手航空会社の国際線ビジネスクラスのCAをしながら、世界各国の美味しいものを食べ歩き。そこで出会った様々な食文化やライフスタイルがレシピ作りにも生きています。 美味しいごはんとおやつを通して皆さまの健康と笑顔溢れる食卓と繋がれますように。 ▫️料理に関する資格▫️ ・東京會舘クッキングスクール特選コースディプロマ ・フードコーディネーター ・現在ワインエキスパートの勉強中 ▫️受賞▫️ ・白百合醸造 ロリアンマリアージュコンテスト「 優秀賞」

「料理家」という働き方 Artist History