レシピサイトNadia
    主菜

    【外葉も活用!キャベツ餃子】甘味たっぷり!簡単☆餃子の具

    • 投稿日2022/01/28

    • 更新日2022/01/28

    • 調理時間20

    キャベツの外葉もたっぷり美味しく食べれる 甘味たっぷりのキャベツ餃子。 ボリュームもアップします! 固い外葉も美味しく食べれて甘味たっぷりなので子供たちにも大好評☆ 野菜嫌いのお子さんもこれなら食べてくれるかも(^^)/ レンジ加熱して細かく刻むことで キャベツがとっても甘くなります♡

    材料4人分約40個分

    • キャベツ
      300g(5枚程度)
    • 鶏ガラスープの素
      小さじ1/2
    • 豚ひき肉
      150g
    • A
      酒・砂糖・醤油・オイスターソース
      各小さじ1
    • A
      大さじ1
    • A
      生姜すりおろし・ごま油
      各小さじ1
    • A
      塩、こしょう、スパイス
      少々
    • ギョウザの皮
      40枚
    • お湯(焼き用)
      100ml前後
    • ごま油(仕上げ用)
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    キャベツは最初にレンジ加熱して柔らかくしておくと 甘味が増して美味しくなります。 できるだけ細かく刻んだ方がひき肉となじみやすくなるので フードプロセッサーかチョッパーを使うのがおすすめです。 鶏ガラスープの素をキャベツにふりかけることで下味がつき 野菜の甘味とうま味がさらに引き立ちます。 今回は手作りの皮で作っているので、皮が少し大きめになってます。 出来上がりの個数は目安にしてください。

    • キャベツを洗いラップに包むか耐熱容器に入れ、レンジ(600W)で3分ほど加熱して柔らかくする。

      工程写真
    • 1

      水気をきったキャベツをざく切りにしてフードプロセッサーまたはチョッパーでみじん切りにする。

      工程写真
    • 2

      豚ひき肉にA 酒・砂糖・醤油・オイスターソース各小さじ1、水大さじ1、生姜すりおろし・ごま油各小さじ1、塩、こしょう、スパイス少々を加えて粘りがでるまでしっかり混ぜる。 ※ニンニクは加えず作っています。 お好みで加えてください。

      工程写真
    • 3

      お肉が白っぽくなり粘りが出てきたらみじん切りのキャベツを加え鶏ガラスープの素をふりかける。

      工程写真
    • 4

      キャベツとお肉をよく混ぜ合わせたら、包むまで冷蔵庫で冷やしておく。 ※冷やしておくと包みやすくなります。

      工程写真
    • 5

      ギョウザの皮で包んだら、熱したフライパンに餃子を並べる。 (ここでは油をひかない)

      工程写真
    • 6

      お湯(焼き用)を加えて蓋をして8分ほど蒸し焼きにする。 ※お湯の量は餃子の高さ2~3ミリ程度を目安にする。 26㎝のフライパンで100mlくらい入れます。

      工程写真
    • 7

      お湯がなくなったら蓋をとりごま油(仕上げ用)をまわしかけ底の部分がカリっと焼けるまで仕上げ焼きして火をとめる。

      工程写真
    レシピID

    430247

    質問

    作ってみた!

    「餃子」の基本レシピ・作り方

    こんな「餃子」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「キャベツ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    金子美和(さとみわ)
    • Artist

    金子美和(さとみわ)

    料理研究家・料理ブロガー

    • 調理師
    • トータルフードコーディネーター
    • 上級食育アドバイザー
    • ベジタブル&フルーツアドバイザー
    • 雑穀マイスター
    • 食生活アドバイザー

    2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

    「料理家」という働き方 Artist History