レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

絶品!手作り餃子の基本レシピ

主菜

絶品!手作り餃子の基本レシピ
  • 投稿日2022/07/29

  • 調理時間30

お気に入りに追加

942

まるでお店の味わい キャベツ、長ねぎ、にらたっぷり! コクうまでジューシーな本格肉餃子です。 豚ひき肉と調味料を最初に練り混ぜることで、より奥深い味わいに。餃子の皮はカリッと焼けて美味しいですよ。 包み方、焼き方も詳しく載せましたので よかったら作ってみてください。 白菜でも代用OK 詳しくはポイント欄をご覧ください😊 柚子胡椒をつけて食べるのもおススメです✨

材料30個分

  • 餃子の皮
    30枚
  • 豚ひき肉
    200g
  • キャベツ
    200g
  • 長ねぎ
    20㎝分
  • にら
    1/4束
  • A
    酒、水
    各大さじ1
  • A
    オイスターソース、にんにくチューブ
    各小さじ2
  • A
    砂糖、すりおろし生姜
    各小さじ1
  • A
    しょうゆ、ごま油
    各小さじ1
  • A
    鶏ガラスープの素
    小さじ1/2
  • ごま油
    大さじ1と1/2
  • サラダ油
    大さじ1と1/2

作り方

ポイント

•28㎝フライパン使用 焦げ付かないフライパンをご使用ください。 •キャベツは白菜200gで代用できます。 •酒の代わりに紹興酒を使うとより本格的に。 •餃子の皮は袋から出さずに包むときに1枚ずつ取り出してください。皮が乾燥すると破けることがあります。 •蒸し焼きにしている間、ときどき軽くフライパンをゆすってください。焦げ付きを防ぎます。振りすぎると皮が破けるので注意してください。 •にんにくは省いてもOKです。 •しっかり味なので薄味がお好みでしたら調味料の量を調整してください。 •焼く前の段階で冷凍保存できます。 日持ちは冷凍で約3週間です。

  • 1

    キャベツは粗みじん切りにしてボウル入れ、塩小さじ1/2(分量外)を両手でしっかりもみ込み10分ほどおいて水気をしぼる。長ねぎはみじん切りに、にらは5mm幅に切る。

    工程写真
  • 2

    ボウルに豚ひき肉とA 酒、水各大さじ1、オイスターソース、にんにくチューブ各小さじ2、砂糖、すりおろし生姜各小さじ1、しょうゆ、ごま油各小さじ1、鶏ガラスープの素小さじ1/2を入れて粘りが出るまでよく練り混ぜる。

    工程写真
  • 3

    ①のキャベツ、長ねぎ、にらを加えてさらに混ぜる。

    工程写真
  • 4

    餃子の皮の中央に③をのせて、皮のふちに水をつけて皮の端を合わせ、親指と人差し指で片面のみヒダをつけていく。

    工程写真
  • 5

    フライパンにごま油をひき、火にかける前に④を並べる。並べ終えたら中火で2分ほど焼き、熱湯150mlを回しかけて蓋をする。そのまま弱めの中火で約5~6分ほど蒸し焼きにする。 ※フライパンが冷たい状態から餃子を並べることで、やけどの心配も、慌てて並べる必要もなく、失敗しにくいと思います。

    工程写真
  • 6

    水分が少なくなってきたら蓋を取り、サラダ油を加えて強めの中火にして2~3分揚げ焼きにする。水分が飛んで、底に焼きめがついたら火を止める。(IHの場合はガス火よりも水分が残ることが多いので、蓋を取ってしっかり水分を飛ばしてからサラダ油を加えてください)

    工程写真
  • 7

    上から皿をかぶせて返す。 ※フライパンにお皿をかぶせ、フライパンを返して盛り付けます。余分な油がフライパンに残っている場合は、お皿をかぶせた状態で油を切ってから返してください。(やけどに注意してください)

    工程写真
レシピID

440627

「キャベツ」の基礎

「にら」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

餃子」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

ちおり
Artist

ちおり

北海道札幌市在住。 食べることが大好きな 19歳と15歳、2人の娘の母です。 【著者】 •ちおりの簡単絶品おかず【宝島社】 •ちおりの簡単絶品おかず2【宝島社】 Instagram→@chiori.m.m 働く主婦、子育て中ならではの等身大の料理が人気を呼び、インスタグラムのフォロワーは30万人(2022年10月現在) 主婦目線で、家族から喜ばれ、忙しい女性が助かるレシピ作りがモットー。 おうちにある調味料のひと工夫で、よりおいしくなる料理をお届けしています。 インスタグラムではレシピはもちろん、料理がおいしくなるコツや保存ワザなど、役立つ情報を日々更新中です。

「料理家」という働き方 Artist History