レシピサイトNadia

    【子どもが大好き】お弁当にも!ハムチーズのクルクル春巻き

    主菜

    【子どもが大好き】お弁当にも!ハムチーズのクルクル春巻き

    お気に入り

    127

    • 投稿日2022/09/11

    • 調理時間10

    ★【ハムチーズがクルクル可愛い】 ハムとチーズをクルクル巻いて、さらに春巻きの皮で包んで少ない油で揚げ焼きました。 ★春巻きは冷めても美味しいのでお弁当にも最適です。作り置き可能で3日間保存できます。電子レンジではなくオーブントースターなどで温めてください。 お弁当に入れても美味しいですよ。 ★【揚げない】 揚げないので、油も吸う量が少なくヘルシーです。 ★大判の餃子の皮を半分にたたんでも作れます。半月の揚げパイみたいになります。その場合にはハムとチーズは半分に切ってください。

    材料春巻き10本分

    • 春巻きの皮
      10枚
    • ハム
      10枚
    • スライスチーズ
      10枚
    • 大葉
      10枚
    • A
      小麦粉
      大さじ1
    • A
      大さじ1
    • サラダ油
      適量(フライパンに0.5cm)

    作り方

    ポイント

    ★小麦粉ノリで巻き終わりをしっかり止めてくださいね〜。隙間があるとチーズが揚げているうちに出てきてしまうのでご注意くださいね〜。 ★スライスチーズは普通のタイプを使いました。溶けるタイプをお使いいただいても大丈夫です。 お弁当などに入れる際には溶けるタイプは冷えると固まりやすいので普通のタイプをオススメします。

    • ☆春巻きの皮は一枚ずつはがしておく。 ☆スライスチーズはフィルムをはがしておく。 ☆A 小麦粉大さじ1、水大さじ1で小麦粉ノリを作る。

    • 1

      春巻きの皮を角が上になるように置き、ハム、スライスチーズを乗せて端からクルクル巻いて乗せて、巻き終わりに大葉をはさみ、小麦粉ノリで止める。

      工程写真
    • 2

      サラダ油を中温(170度)に熱し、【1】を両面こんがりと揚げ焼きする。 *最初はあまりさわらないようにしてください。皮が破れたりする原因になります。

      工程写真
    • 3

      半分に切り器に盛る。

      工程写真
    • 4

      スライスチーズは普通のタイプを使いました。溶けるタイプをお使いいただいても大丈夫です。 お弁当などに入れる際には溶けるタイプは冷えると固まりやすいので普通のタイプをオススメします。

    • 5

      ツナ缶の三角春巻き 🆔377724 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/377724

      工程写真
    • 6

      鯖缶の三角春巻き 🆔379485 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/379485

      工程写真
    • 7

      カニかまチーズ春巻き NadiaID 406022 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/406022

      工程写真
    レシピID

    444136

    「大葉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    春巻き」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History