レシピサイトNadia
    主食

    【汁まで完食!うま塩そうめん】保存版!大人気のアレンジ素麺

    • 投稿日2024/06/07

    • 更新日2024/06/08

    • 調理時間5

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安100

    • 冷蔵保存-

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    ★【そうめんアレンジ】 ごま油の効いたうま塩味のさっぱりスープで食べるそうめんです。汁まで完食したいほど美味しいですよ。 ★【スープのごま油がPoint】 風味を生かすため、最後に『追いごま油』を加えています。風味が違います。 ★ゆで卵は冷蔵庫から出した卵を熱湯に入れ、6分30秒茹でて冷水にとって、余熱で固まるのを防いでいます。 切る時は包丁ではなく糸を使うと卵の黄身が流れ出ないです。

    材料1人分

    • そうめん
      100g(2束×50g=100g)
    • ゆで卵
      1個
    • 刻みねぎ
      2本分(小口切り)
    • A
      白だし
      大さじ1
    • A
      鶏がらスープの素
      小さじ1(溶けない場合にはぬるま湯大さじ1でとく。)
    • A
      塩・こしょう
      各少々
    • A
      砂糖
      少々
    • A
      ごま油
      小さじ1
    • A
      200ml
    • ごま油
      小さじ1
    • 白炒りごま
      適量
    • 粗びき黒こしょう
      適量

    作り方

    ポイント

    ★そうめん、又はひやむぎ、おそばでも美味しくできます。 ★冷凍麺を使えばお湯を沸かさずに作れます。 ★白だし メーカーにより塩分が変わります。お好みで調節してください。

    • 1

      フライパンにて1ℓのお湯を沸かしてそうめんを30秒ゆでて、蓋をして30秒おいておく。 → 水洗いしてぬめりを取り、ザルに上げて水気を切る。

      工程写真
    • 2

      器にA 白だし大さじ1、鶏がらスープの素小さじ1、塩・こしょう各少々、砂糖少々、ごま油小さじ1、水200mlを合わせてスープを作り、冷蔵庫で冷やしておく。 *鶏がらスープの素はメーカーにより、水で溶けるものもありますが、溶けにくい場合にはぬるま湯で溶かしてから合わせると良いです。

      工程写真
    • 3

      【2】に麺を入れ、ゆで卵、刻みねぎを飾る。ごま油をかけ、粗びき黒こしょう、白炒りごまをお好みで。

      工程写真
    • 4
    レシピID

    484692

    質問

    作ってみた!

    • ぬっこ
      ぬっこ

      2024/07/07 11:43

      とっても美味しいです。 スープは夜作って冷蔵庫で冷やし翌日のお昼に。ゆで卵じゃなくて味玉にしました。 暑くて食欲なくてもペロッと食べちゃいます。 また作ります。
    • Tsuneaki Okada
      Tsuneaki Okada

      2024/06/24 17:13

      手軽で材料もシンプルだけど、美味しかったです 夏のお昼ごはんにぴったりですね

    こんな「そうめん」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「そうめん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History