レシピサイトNadia
    デザート

    ホットケーキミックスで簡単!憧れのホイップクリームドーナツ

    • 投稿日2022/02/19

    • 更新日2023/08/20

    • 調理時間30(発酵時間除く)

    ふわふわ生地の秘密は絹ごし豆腐♪市販のホイップを詰めるととっても可愛いおやつのできあがり!

    材料10個分

    • ホットケーキミックス
      200g
    • A
      絹ごし豆腐
      ミニパック1個(150 g)
    • A
      卵(M)
      1
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • 牛乳
      大さじ2
    • 適量
    • グラニュー糖
      大さじと1と1/2
    • ホイップクリーム
      適量(今回は市販のもの220ml入りを約半量使用)

    作り方

    ポイント

    ・低温でじっくりあげるのがポイント。中が心配な時はホイップクリームを入れる穴と同じところからお箸等を差し込み、生の生地がついて来ないか確認します。 ■ホイップクリームの上手に入れる方法■ 1 クリームを入れる穴をあける時は、お箸を一度貫通に気をつけながら刺し、そのままお箸を2~3回位動かして空洞を作ります。 2 口金付きの市販のホイップでない場合は、100円ショップなどに置いてある絞り袋を使うと良いです。 深めに穴に差し込み下の方からクリームを充填していくイメージで入れていきます。(破裂しない程度に) 3 上までクリームが来たら一旦止めて、飾り的に「ちょん!」と絞ってあげると可愛いです💕 ※絞り袋はジッパー付きポリ袋で代用できます。

    • クッキングシートを10㎝四方に切ったものを8個用意する。

    • 1

      ボウルA 絹ごし豆腐ミニパック1個、卵(M)1、砂糖大さじ1を入れクリーム状になるまで混ぜる。

      工程写真
    • 2

      ホットケーキミックスを入れて混ぜる。 牛乳を加える。 (この時卵の大きさで加える量を加減してください。もったりとしていて、ぎりぎり垂れてこない状態)

      工程写真
    • 3

      フライパンに油を2㎝以上入れて低温(150度)に加熱する。 スプーンなどで生地をクッキングシートに丸く乗せ、シートごとすべらせるように入れる。

      工程写真
    • 4

      シートがはがれてきたら裏がえして両面きつね色でふっくらするまでじっくり揚げる。

      工程写真
    • 5

      熱いうちにグラニュー糖をまぶす。

      工程写真
    • 6

      粗熱がとれたらお箸で穴を開けホイップクリームを詰める。

      工程写真
    レシピID

    431311

    質問

    作ってみた!

    • さゆりん
      さゆりん

      2023/08/20 07:54

      ドーナツはふわふわに出来たんですけど、クリームを上手に入れられなかったです😭 コツがあったら教えてください🙏 ちなみにオレンジカスタードクリームなるものを作って入れてみました🍊
    • たぐとも
      たぐとも

      2023/06/26 19:58

      ふわっともっちり豆腐入りのドーナツ、とっても美味しいです!すでに2回作りました!!

    こんな「ドーナツ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「豆腐」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    二階堂麻奈美
    • Artist

    二階堂麻奈美

    料理家・献立のプロ

    • 調理師
    • 野菜ソムリエ

    企業ランチプロデュース・レシピ開発・料理教室・出張料理を主に活動しています。王道料理、バランスの良い献立を提案するのが得意です。 都内で20年間飲食店を経営後、4年前に地元千葉にに戻り、夢だった料理家になりました。 体が食べ物からできているのを、多くの人に伝えたいと思っています。 そして日々の料理って、難しく考えずにごく簡単なものでいいんだってことを知ってもらいたいのです。 ほとんど15分以内に出来るレシピを提案しています。 経営者として頑張っていた時は3人の小さな子供たちを預けて必死で働いていました。家事との両立は本当に大変でした。 レシピを作る時はその時の気持ちを忘れないようにしています。 皆さんはもう、充分に頑張っていますから、日々のごはんは気楽にいっていいと思います! 料理に恋をして、ずっと素晴らしい方の元で料理の伝統や調理科学、栄養学を学んできました。今も学びは続いています。 かみ砕いたレシピを通して、私の知識と経験を沢山の方にお伝えしをしていきたいです。 普段使いの日々のごはんに活かしてもらえたらとてもうれしいです。

    「料理家」という働き方 Artist History