レシピサイトNadia
    主食

    簡単!自宅で本格タコス

    • 投稿日2024/05/19

    • 更新日2024/05/19

    • 調理時間30

    本格タコスが自宅で簡単に!難しそうなイメージのタコスですが、実はとっても簡単に作れちゃいます。 スパイシーなひき肉のタコミート、濃厚なワカモレとさっぱりしたサルサソースをはさんで食べるタコスは格別の美味しさ! 手順自体はとても簡単なのに、華やかなので、おもてなしにも喜ばれる一品です。

    材料2人分

    • 牛ひき肉
      200g
    • 玉ねぎ
      1/2個(タコミート用)
    • にんにく
      1片
    • A
      ケチャップ
      大さじ3
    • A
      中濃ソース
      大さじ1
    • A
      クミンパウダー
      小さじ2
    • A
      醤油、チリパウダー
      各小さじ1
    • A
      ひとつまみ
    • A
      こしょう
      少々
    • トマト
      1/2個
    • 玉ねぎ
      1/4個(トマトサルサ用)
    • B
      オリーブオイル、レモン果汁
      各大さじ1
    • B
      小さじ1/2
    • B
      パクチー(みじん切り)
      適量
    • B
      こしょう
      少々
    • アボカド
      1個
    • C
      レモン果汁
      小さじ1
    • C
      小さじ1/4
    • C
      おろしにんにく
      1/2片分
    • C
      こしょう
      少々
    • トルティーヤ
      4枚
    • レタス
      3枚
    • 細切りチーズ(生食用)
      適量

    作り方

    ポイント

    ・牛ひき肉→合い挽き肉や豚ひき肉でも作れます。 ・チリパウダーの量はお好みで調整してください。

    • レタスは千切りにしておく。

      工程写真
    • 1

      【サルサソースを作る】 トマトは5ミリの角切りにし、玉ねぎはみじん切りにして5分程度水にさらす。ボウルにトマト、水気を絞った玉ねぎ、B オリーブオイル、レモン果汁各大さじ1、塩小さじ1/2、パクチー(みじん切り)適量、こしょう少々を加えて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 2

      【ワカモレを作る】  アボカドは縦半分に切り、種を取り除く。スプーンを使って皮からくり抜くように身を取り出す。 ボウルにアボカドを加えてスプーンで身を潰し、C レモン果汁小さじ1、塩小さじ1/4、おろしにんにく1/2片分、こしょう少々を加えて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 3

      【タコミートを作る】 玉ねぎとにんにくをみじん切りにする。 フライパンに油小さじ2(分量外)を中火で熱し、にんにくのみじん切りを加える。香りが立ったら牛ひき肉を加え炒める。

      工程写真
    • 4

      ひき肉の色が変わったら、玉ねぎを加えてさらに炒める。玉ねぎがしんなりしたらA ケチャップ大さじ3、中濃ソース大さじ1、クミンパウダー小さじ2、醤油、チリパウダー各小さじ1、塩ひとつまみ、こしょう少々を加えて炒め合わせ、全体に水分が飛び、とろみがついたら火を止める。

      工程写真
    • 5

      別のフライパンにトルティーヤをのせ、両面が温まるまで裏返しながら弱中火で2〜3分焼く。同様に計4枚焼く。

      工程写真
    • 6

      トルティーヤ1枚につき、レタス、タコミート、ワカモレ、サルサソース、細切りチーズ(生食用)を順に1/4量ずつのせて半分に折りたたむ。同様に計4個作る。

    レシピID

    481515

    質問

    作ってみた!

    こんな「タコス」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「アボカド」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    カリニ彩
    • Artist

    カリニ彩

    料理家

    プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

    「料理家」という働き方 Artist History