レシピサイトNadia
    主菜

    揚げないコロッケ風ボール【クラッカー使用☆パーティーレシピ】

    • 投稿日2023/11/27

    • 更新日2023/11/27

    • 調理時間25

    クラッカーを使ったパーティレシピです♪ 砕いたクラッカーを衣にし、揚げずにトースターで仕上げます☆ ヘルシーなのにチーズやクラッカーの塩味でしっかりしたお味♡ ピンチョスとしてクリスマスの食卓にもおすすめです☆

    材料4人分8個分

    • クラッカー
      13枚(丸型1パック)
    • じゃがいも
      2個
    • コーン
      大さじ2
    • ミニウインナ
      4本
    • スライスチーズ
      2枚
    • 牛乳
      大さじ2
    • マヨネーズ
      大さじ2
    • 塩・こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    ☆おあじはいかが「みんなの、コレ気になる!」2023年12月号掲載レシピ ・ミニウインナは生食できるものを使用しています。火の通りが気になる方は、軽くフライパンで焼く、または500Wのレンジで15秒ほど加熱してからご使用ください。

    • クラッカーは丸型のものを使用する。

      工程写真
    • 1

      じゃがいもは皮をむきさっと水にさらす。鍋にじゃがいもとかぶるくらいの水を入れて、中火でゆでる。沸騰したら、少し火を弱め、竹串がすっと通るまでゆでる。湯を捨て、中火にかけ、粉がふくまで水分をとばす。ボウルに移し、熱いうちに潰す。

      工程写真
    • 2

      ①をゆでる間に、具材を準備する。ミニウインナは半分に切る。コーンは水けを切る。スライスチーズは十字に切り、4等分にする。

      工程写真
    • 3

      クラッカーはポリ袋に入れて、袋の上からもみ砕く。

      工程写真
    • 4

      ①の粗熱が取れたら、コーン、マヨネーズ、牛乳、塩・こしょうを加えて混ぜ8等分にする。

      工程写真
    • 5

      ④の1/8個分を取り、中にミニウインナを入れて丸める。残りも同じように丸める。

      工程写真
    • 6

      ⑤のたねを牛乳(分量外)に浸し、砕いたクラッカーを周りにつける。

      工程写真
    • 7

      スライスチーズをのせトースターで4~5分焼く。仕上げにお好みででパセリやトマトケチャップをかける。

      工程写真
    レシピID

    472615

    質問

    作ってみた!

    • 958527
      958527

      2023/12/23 18:55

      クリスマスのメニューに子供が大好きなポテトメニュー作りました!気に入った様子で3つも食べてお腹いっぱいになっていました!

    こんな「ピンチョス」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ちか
    • Artist

    ちか

    • 野菜ソムリエ

    ◆野菜がもっと好きになる「野菜たっぷりのボリュームごはん」 ◆1品で栄養満点おかず 栄養バランスを意識してます ◆健康でいたい・太りたくない方へのレシピ ◆アンチエイジング・抗酸化レシピ ◆ゆるりと薬膳&発酵 ♡時短ではないけど、ほんのひと手間を大切にしています。 3人の息子たちが小さい頃、野菜を食べてくれないことに困り、野菜教室や料理教室に通い、試行錯誤をしてきました。 成人した今では、食卓に野菜がないと落ち着かないくらい野菜好きになりました♪ 子育てが一段落した今、家族はもちろん、私自身も健康でいたいという思いが強くなりました。四季の巡りを意識して、心と身体にやさしいレシピをご紹介しています。 Nadiaに来てくださったみなさんの食卓が笑顔であるように、健やかであるよう願いながらレシピを作っています♡ 【所有資格】 ・インテリアコーディネーター ・中医薬膳指導員 ・発酵食エキスパート2級 ・野菜ソムリエ ・練切りアート認定講師 【現在のお仕事】 ・薬膳・発酵レシピ提案 ・薬膳に関する印刷物やホームページの原稿作成 ・ワークショップ・薬膳&発酵料理教室 6人家族+チワワ1匹☆成人している息子が3人。認知症の母の介護をしています。 ■Instagram https://www.instagram.com/ic_chika/

    「料理家」という働き方 Artist History