レシピサイトNadia

    福豆クッキー

    デザート

    福豆クッキー

    お気に入り

    19

    • 投稿日2021/02/07

    • 更新日2021/02/07

    • 調理時間45

    節分で余った炒り大豆をどうにかしようと思って作ったクッキー。サクサクと砕いた炒り大豆がアクセントになっている。炒り大豆は余った分量で増えても減っても構わない。

    材料

    • 薄力粉
      110g
    • 卵黄
         2個
    • 無塩バター
      90g
    • 砂糖
      60g
    • バター
      90g
    • 少々
    • 炒り大豆
      60g

    作り方

    ポイント

    バターが固いと空気が入りにくいのでレンジにかけたりして柔らかくしてから作業する。

    • 入り大豆は厚めのビニール袋に入れて麺棒などで粗く潰しておく。

      工程写真
    • 1

      バターをボールに入れ、ゴムベラで滑らかなポマード状にする。

      工程写真
    • 2

      無塩バターに砂糖を2〜3回に分けて加えその都度ゴムベラか泡立て器で空気を含ませる。

      工程写真
    • 3

      卵黄2個をバターに加えてさらに泡立てる。塩を加える。

      工程写真
    • 4

      振るった薄力粉を2回に分けて加え、準備した砕いた炒り大豆を加えてしっかり混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 5

      生地ができたらスプーンですくい天板にのせたら平らにのばしていく。

      工程写真
    • 6

      180℃で予熱。15分ほど焼く。粗熱取れるまでそのまま天板で冷ます。

      工程写真
    レシピID

    406470

    「クッキー」の基礎

    「オーブン」の基礎

    「大豆」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    藤田 圭子
    Artist

    藤田 圭子

    夢のあるお菓子作り。 心がホッコリ優しくなって笑顔になれるお菓子。世界に一つだけのお菓子で、皆で幸せになりましょう。ヘルシーな材料で心と身体に優しいお菓子やお料理をご提案します。 スイーツ・料理コーディネーター ABCクッキングスクール製菓&ブレット師範修得 フライパンを使って「バームクーヘン」雑誌記載 2000年JHC(ジャパンホームメイドケーキチェーン)主催ケーキコンテスト タルト部門にて最優秀賞受賞 その他レシピコンテストにて多数入選 2004年FM横浜「いただきはまごはん」出演 横浜ケーブルテレビ出演 洋菓子研究家加藤千恵お菓子教室デュプロム修得 幼稚園、小学校、企業にてお菓子講習会企画 1999年9月横浜の自宅にてお菓子教室「k‘Flavor」オープン 2012年夏より今宿ケアプラザにてお子様向けお菓子教室開催 2014年3月豆腐マイスター認定講師 2015年1月整理収納アドバイザー 2015年10月豆腐&ビューティーライフアドバイザー 2017年4月だしソムリエ3級 2018年11月甘茶スイーツコンテスト・特別賞 2018年12月ヨコハマやさいレシピコンテスト優秀賞

    「料理家」という働き方 Artist History