レシピサイトNadia
    主菜

    【臭いと言われない】鶏レバーの甘辛煮(しぐれ煮)

    • 投稿日2021/03/01

    • 更新日2021/03/01

    • 調理時間10(下処理時間は除く)

    料理の臭みが気になる方におすすめなのが下処理&煮込み前の「紅茶のさっと煮」のW臭み取り対策です!しょうゆとしょうがで煮込むふっくらプリプリの鶏レバーはお酒のお供やあと1品にちょうどいいおかずです。 【アレンジ】 しょうがの代わりに「にんにく」を使ったパンチのあるアレンジも◎ (その場合仕上げに粗挽き黒こしょうをふるとしまります)

    材料2人分

    • 鶏レバー
      200g
    • しょうが
      1カケ(8g程度)
    • 小ねぎ
      適量
    • A
      しょうゆ・酒・みりん
      各大さじ3
    • A
      砂糖
      大さじ1/2
    • 紅茶ティーバック(他のお茶でもOK)
      1個

    作り方

    ポイント

    ・鶏レバーの下処理はしっかり行なってから調理してください ・レバーのほかハツも一緒に煮込んで問題ありません ・甘めが好きな場合は砂糖を大さじ1に増量してください

    • 【鶏レバーの下処理方法】余分な脂肪は取り除き、食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、水をたっぷり入れて血の塊は取り除きながら、ぐるぐるとかき混ぜ水を5〜6回取り替えながら洗う。200gの鶏レバーに対して小さじ1程度の塩をふるか、牛乳に浸し、10〜15分程度おき水で洗い、キッチンぺーパーで水けをふきとる。

    • 1

      小鍋に水400mlを沸かし、紅茶ティーバック(他のお茶でもOK)を入れ濃い紅茶を煮出し、下準備した鶏レバーを入れ、さっと煮て(表面の色が変われば中は生でもOK)ざるにあげ、水でさっと流す

      工程写真
    • 2

      鍋にA しょうゆ・酒・みりん各大さじ3、砂糖大さじ1/2を合わせて火にかけ、沸騰したら1のレバーとしょうが(細い千切り)を入れ、再び沸騰したら『すぐ弱火』にして、8分煮る(生っぽい場合は時間を延長してください)

      工程写真
    • 3

      器に盛り、小ねぎ(小口切り)をちらす 【そのほか】 ゆずの皮をちょろっとちらすと風味UPします

      工程写真
    レシピID

    408071

    質問

    作ってみた!

    「しぐれ煮」の基本レシピ・作り方

    こんな「甘辛煮」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「レバー」の基礎

    「醤油」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    簡単料理研究家*服部みどり
    • Artist

    簡単料理研究家*服部みどり

    料理研究家

    東京都文京区千石にてからだと心にやさしい料理の教室運営 材料は少なめ・シンプルな調理で身体にやさしい家庭料理レシピをご紹介 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務(マネジメント・メニュー開発経験あり)など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中。 【メディア出演関連】 NHKひるまえほっと かんたんごはん テレビ東京 よじごじDAYS 読売新聞レシピ ラジオ(TOKYO FM / ラジオ埼玉) LDK MONOQLO 家電批評 サンキュ! など 【飲食店メニュー企画】 ・観光地カフェ立ち上げ(東京都小笠原村) ・天然素材のかき氷レシピ開発(東京都神保町) ・糀を使ったドレッシング開発(千葉県津田沼) テイクアウト専門店メニュー・居酒屋チェーン店・カフェなど 【料理本レシピ企画】 ・スピード完成!野菜の大量消費おかず ・時間がない人のためのやせる超速つくりおき ・時間がない人のための超速つくりおき ・作りおきレンチンおかず ・うちのから揚げがうまい そのほか月刊誌のレシピ企画など 【得意なジャンル:家庭料理編】 ・あまり手をかけない シンプル調理 ・基本調味料で作る家庭料理 ・体調不良のときに胃腸にやさしいいたわり料理 ・蒸し料理 ・初心者おやつ ・お味噌汁(一汁一菜) 【得意なジャンル:商業編】 原価・オペレーションを考慮したメニュー開発 ・居酒屋・カフェ・観光地・テイクアウトおかずなど 【好きな地域】 ・ハワイやタイなど南国系の観光地 ・離島(伊豆七島)や沖縄 ・東京・茨城・千葉

    「料理家」という働き方 Artist History