注目ワード大根煮物豚バラ肉にんじんりんご

Nadia Artistのレシピ数:40,061レシピ

2016.09.30

PR

作り置きの定番「ひじき」の意外な作り方。秘密はあの飲み物にあり!

キーワード
乳和食 作り置き 常備菜 ひじき 牛乳 管理栄養士

みなさんご存じ、和食おかずの定番「ひじきの煮物」。作り置きができて栄養価も高く、いいことづくめなのですが、見た目も味も地味なせいか、お子様や男性の人気はいまひとつ…。そこで今回は管理栄養士の北嶋佳奈さんが、あるものを使って今までとはひと味違う「ひじきの煮物」に挑戦してくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

 

驚きの調理法「牛乳で作るひじきの煮物」とは?

「ひじきの煮物」は、ひじきとお揚げ、にんじんなどをだし汁、しょうゆ、砂糖で味付けして煮る作り方が一般的。

たまに食べるとほっとしますが、味は単調、見た目も黒くて地味なせいか、人気のおかずとは言えませんよね。栄養価は高いので管理栄養士の立場から考えると「もったいないなあ」と感じてしまいます。

そこで今回、私が試してみたのは「牛乳で煮るひじき煮」です。

なんでも牛乳を和食に使うと、コクが生まれ味がまろやかになる、といううれしい効果があるそうなんです。この調理法、「乳和食(New-Washoku)」というのだそう。

「和食には親しんでもらいたい、だけど少しでもたくさんの人が食べやすい味を!」と日々感じている管理栄養士の立場からも興味津々です。

 

いざ調理!食べてみた感想は「優しい味で食べやす~い!」

牛乳で作るひじき煮、最初はあまりイメージが沸きませんでしたが、作ってみるとあら不思議。意外と合うんです。

牛乳のコクが加わることで全体的に優しい味になり、しょうゆや砂糖の量もいつもより少なくすみます。

ひと口食べてみて、「これにはごまが合う」と思い、すりごまを加えてさらに香ばしさをプラスしてみました。彩りにはにんじんと枝豆を加えています。

作り方も非常に簡単です。さっと洗ったひじきを牛乳に漬けておき、そこに調味料と野菜を足して煮詰めるだけ。だしをとる手間がいらないのも忙しいママさんにはうれしいポイントですよね!

ではさっそく、和食の新・調理法で作ってみた「ひじきのごまミルク煮」のレシピをご紹介します。

 

コクうま ひじきのごまミルク煮

【材料(2人分)】
・乾燥ひじき 10g
・枝豆(冷凍) 80g(正味40g)
・にんじん 1/6本
・牛乳 150ml
A しょうゆ 小さじ1
A 砂糖 小さじ1
A かつお節 ふたつまみ
・白すりごま 小さじ1
・塩 少々

【作り方】
(下準備)ひじきはさっと洗い、鍋に入れて牛乳に漬けておく

1.枝豆は流水で解凍して実を取り出す。にんじんは千切りにする。

2.ひじきと牛乳が入っている鍋ににんじんとAを入れて火にかけ、沸騰させないように弱火で5分煮る。枝豆を加えて水分が少なくなるまで煮詰める。

3.すりごまを加え、塩で味を整える。

 

じつは和食と牛乳は相性がいい。乳和食(New-Washoku)がスゴイ!

今回のひじき煮を作ってみて、じつは和食と牛乳は相性がいいということがわかりました。牛乳を和食に使う方法はとっても簡単! だし汁を牛乳に代えればいいんです。

例えばお味噌汁や煮物、茶碗蒸しを作るときは、だしいらずで、しかもコクやまろやかさはアップした味が牛乳ひとつで作れてしまうんです!

 

外食やお惣菜は便利だけど塩分過多に。乳和食でおいしく減塩効果も!

牛乳を和食に使うと、手軽でコクやまろやかさが加わるだけではありません。料理に使うしょうゆや塩の量も減らせるので減塩にもつながるんですよ。

外食やお惣菜は便利だし、おいしいですが、どうしても塩分が多め。塩分の摂りすぎはむくみなどの原因になるだけでなく、高血圧などをはじめとする生活習慣病のもとになりかねません。

だからこそ、家で作る料理は減塩を意識したいものですが、ただ薄味にするのではなく、牛乳を使った調理で自然と減塩できればうれしいですね。

 

お家ご飯のバリエーションに!乳和食で新しい味わいを楽しんで

牛乳というと子どもの飲み物やシチューなどの洋食に使うイメージが強いですが、普段の和食に牛乳を取り入れることで、いつもと違った味わいを楽しむことができますよ。

和食に牛乳を取り入れたレシピはこちらでもたくさん紹介しています。ぜひ「乳和食」試してみてくださいね。

乳和食レシピをもっと見る

 

監修・撮影・レシピ
 
管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

キーワード
乳和食 作り置き 常備菜 ひじき 牛乳 管理栄養士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

おすすめ記事

関連記事

ページの先頭へ