レシピサイトNadia
    主食

    ミートボール入りカレーうどん

    • 投稿日2017/10/30

    • 更新日2017/10/30

    • 調理時間30

    寒い日嬉しい出汁の効いたカレーうどんです。ミートボールを加えてボリューム感を出しつつも、ふんわり柔らかい食感なので重くありません。調理時間30分とありますが、まとめて作って冷凍保存したものを使うと10分ほどで作れます。

    材料2人分ミートボールは一度に15個ほど作れる分量を表記しています。一度に食べきれない分は冷凍保存できます。)

    • (ミートボール)
    • 牛豚合いびき肉
      200ℊ
    • ひとつまみ
    • 1個
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • A
      大さじ1
    • A
      片栗粉
      大さじ1
    • (カレースープ)
    • 出汁
      600㎖
    • B
      カレー粉
      大さじ1
    • B
      醤油
      大さじ1
    • B
      みりん
      大さじ1
    • B
      少々
    • 長ネギ
      1本
    • うどん(乾麺)
      100g
    • C
      片栗粉
      大さじ1
    • C
      大さじ1
    • ブラックペッパー
      適宜

    作り方

    ポイント

    カレー粉はメーカーによっても辛さが違うので、一度にレシピの全量を加えずに、様子を見ながら加減してください。うどんは冷凍うどんなどを使用してもOKです。

    • C 片栗粉大さじ1、水大さじ1を合わせて水溶き片栗粉を用意しておく。 ミートボール用の玉ねぎはみじん切りにする。 カレーうどん用の長ネギは斜めに薄切りにする。

    • 1

      【ミートボールを作る】 ボウルに牛豚合いびき肉と塩を入れ、粘りが出るまで手でしっかりと混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 2

      1に卵を加え、肉となじむまでしっかりと混ぜ合わせ、玉ねぎのみじん切り、A 酒大さじ1、片栗粉大さじ1を加えてひとまとめにする。

      工程写真
    • 3

      鍋に湯を沸かし、肉だねを2本のスプーンを使って丸く成型しながら落とし入れて、茹でる。浮いてきたらさらに2分ほど茹で、ザルに上げて水気を切る。(食べきれない分はこの時点で冷凍保存できます。)

      工程写真
    • 4

      【カレースープを作る】 鍋に出汁と長ネギ、食べられる分量のミートボールを入れて中火にかける。

      工程写真
    • 5

      長ネギが柔らかくなったら、B カレー粉大さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1、塩少々を加えてひと煮立ちしたら一旦火を止める。

      工程写真
    • 6

      別の鍋に湯を沸かし、袋の表示通りにうどん(乾麺)を茹でる。茹であがったらザルに上げ、水気をしっかりと切る。(冷凍うどんやゆでうどんを使用してもOKです。)

    • 7

      カレースープを再度加熱し、水溶き片栗粉を少量ずつ加えてとろみを付け、うどんを加える。うどんが温まったら器に盛り付け、好みでブラックペッパーをふる。

      工程写真
    レシピID

    206592

    質問

    作ってみた!

    「カレーうどん」の基本レシピ・作り方

    こんな「カレーうどん」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「出汁」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    楠みどり
    • Artist

    楠みどり

    野菜ソムリエプロ・フードコーディネーター・幼児食インストラクター

    • フードコーディネーター
    • 野菜ソムリエプロ
    • 幼児食インストラクター

    野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。 2008年 野菜ソムリエ(中級)取得 2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 2017年 幼児食インストラクター取得

    「料理家」という働き方 Artist History