関西風白味噌のお雑煮

20

2021.12.28

分類主食

調理時間: 20分

ID 428499

神田えり子

おばんざい食堂〜和食中心、野菜多めの地味ごはん

関西で食べられる白味噌仕立てのお雑煮です。

関西のおせちでは丸いものは「円満」を意味する縁起物です。
お雑煮にも茹でた丸餅を使用し、野菜も輪切りにすることが多いです。
白味噌は「西京味噌」を使って甘めでとろっとした仕上がりに。

    材料

    2人分
    里芋 2個(約120g)
    大根 100g
    金時人参 60g
    だし汁 500ml(かつお昆布だし)
    白味噌 大さじ4前後
    丸餅 2〜4個
    三つ葉 適量
    柚子の皮 適量
    かつおぶし 適量

    作り方

    ポイント

    ■白味噌の分量はお好みや使う味噌によって加減してください。

    ■関西では、大根は細くて小さい「雑煮大根」(祝大根とも呼びます)を使って輪切りにします。
    手に入らないことが多いでのレシピは普通の大根を丸型で抜いています。

    ■大根の抜いた部分は見た目が気になれば、使用しなくてもいいです。
    1. 里芋は皮をむいて2cm幅の輪切りにし、塩(分量外・少々)でもんで水で洗う。
      鍋に入れてかぶるくらいの水を加え、竹串がすっと通るまで弱めの中火で7〜8分茹でる。
    2. 金時人参は皮をむいて5mm厚の輪切りにする。
      大根は皮を厚めにむいて5mm厚の輪切りにし、丸型で抜く。
    3. 鍋に大根(抜いた外側の部分も)、金時人参、だし汁を入れて弱めの中火で柔らかくなるまで5分ほど煮る。
    4. 別の鍋に丸餅、かぶるくらいの水を入れて中火で煮て火を通す。
    5. (3)の鍋に下茹でした里芋を湯を切って加え、2分ほど煮たら、白味噌を溶き入れる。

      ※白味噌はボウルに入れ、鍋の中のだし汁をお玉1杯ほど加えてよく溶いてから鍋に入れるとダマになりにくいです。
    6. お椀に茹でた丸餅、(5)を入れて盛り付ける。
      柚子の皮、2cm幅に切った三つ葉を添え、かつおぶしを散らす。

      ※お椀の底に大根を1枚(大根の抜いた外側の部分でもOK)敷き、その上にお餅をのせるとお餅がお椀にくっつきにくくなります。
    2 97

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    お雑煮 だし みつば 出汁 和食 大根 ご当地お雑煮 おせち料理 お正月 だし汁 白みそ かつお節 里芋 金時人参 お雑煮 お餅

    このレシピをサイトに埋め込む

    「お雑煮 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは