レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

新生姜すし飯の華やか巻き寿司

主食

新生姜すし飯の華やか巻き寿司
  • 投稿日2021/03/30

  • 調理時間20

すし飯が外側にくる、逆巻きの巻き寿司です。 細かく刻んだ新生姜の甘酢漬けで周りを覆うので、淡いピンクが可愛い華やかな巻き寿司になりますよ! 普段にも、ちょっと特別な日にも、ハレの日にも。 すし飯には新生姜の甘酢漬けの甘酢を使用しますので、生姜の香りが爽やかです(ID:408534をご参照ください)。 写真に写っています新生姜の甘酢漬けが入ったガラスの素敵な容器は、東洋佐々木ガラスさんの「漬け上手ガリジャーポット(大)」。 蓋の色は新生姜の甘酢漬けのさくら色に合わせて色付けされているんです!素敵ですね!

材料4人分巻き寿司2本分

  • 新生姜の甘酢漬けの甘酢
    大さじ4
  • 新生姜の甘酢漬けの生姜
    80g
  • オクラ
    8本
  • 焼き海苔
    全形3枚(刺身用)
  • 炊きたてご飯
    400g
  • サーモン(刺身用のさく)
    約200g
  • マグロ(刺身用のさく)
    約200g
  • 焼き海苔
    全形2枚(巻き寿司用)
  • 大葉
    5枚

作り方

ポイント

【工程2】刺身に海苔を巻く際、海苔がパリパリで巻きにくい場合は、霧吹きで軽く水をかけると巻きやすくなります。 【工程4】サーモン、マグロの刺身は、お好きなように配置してください。お好みでサーモン、マグロを交互にしても、サーモンだけ、マグロだけの巻き寿司にしても。 #東洋佐々木ガラスタイアップ

  • ・新生姜の甘酢漬けの甘酢は器に用意しておく。 ・新生姜の甘酢漬けの生姜は細かく刻む。 ・オクラは耐熱容器に入れてふんわりラップをし、電子レンジ(500W)で1分半加熱する。ヘタを切り落とし、先は2cm程度切り落としておく。 ・焼き海苔(刺身用)3枚のうち、2枚は、海苔の短辺を3等分に切る。残り1枚は4等分に切り、細長い海苔を計10枚準備する。

    工程写真
  • 1

    ボウルに炊きたてご飯を入れ、甘酢をかけてしゃもじで切るように混ぜる。 清潔な濡れ布巾をかぶせて粗熱を取る。

    工程写真
  • 2

    サーモン(刺身用のさく)、マグロ(刺身用のさく)は、それぞれ海苔の長辺の長さに合わせ、約1cm幅の棒状に5本を目安に切る。 下準備で切っておいた海苔で巻く。 (サーモン、マグロのさくが海苔の長辺の長さに足りない場合は、適宜約1cm幅の棒状に切り、海苔の長辺の長さになるように、連続して置いてから巻く。)

    工程写真
  • 3

    巻きすの上にラップを敷き、焼き海苔(巻き寿司用)1枚を、短辺を縦、長辺を横にしてのせる。 1のすし飯の半量を均一に平たくのせる。 刻んだ生姜の半量を全体に散りばめ、上にラップをかぶせる。

    工程写真
  • 4

    【具材を置く】 ラップごとひっくり返して海苔の面を上にし、上のラップを外す。 手前から1/3ぐらいの所に2の海苔で巻いた刺身を3本並べ、オクラを上に並べる。 その上にさらに2の刺身を2本並べる。

    工程写真
  • 5

    【寿司を巻く】 具材を指で押さえながら、手前から一気に具材を覆うように巻く。 一度巻きすを戻し、再度かぶせて最後まで巻く。巻きすの上からギュッと握る。 同様に3~5を繰り返し、もう1本も作る。

    工程写真
  • 6

    巻きすを外してラップのまま5分程置く。ラップごと食べやすい大きさに切る。 軸を切った大葉を器に敷き、ラップを外した巻き寿司を盛り付ける。

    工程写真
レシピID

408836

「鮭」の基礎

「オクラ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

mayumillion
Artist

mayumillion

プロフィールご覧頂きありがとうございます😊 何気ない食材でー工夫した手料理を作った時の 「美味しい!」の一言が嬉しくて🎶 そんな作る方も食べる方も笑顔にするような “心豊かになる 幸せレシピ”💕を お伝え出来ればと思います。 主婦の視点から、毎日の料理が楽しくなるよう 簡単に手に入る少ない材料や調味料でも 美味しく健康的に 元ネイリスト、アパレルデザイ-のセンスを活かして 華やかにおしゃれに見えるよう工夫したレシピ また、フランスに住んでいたことと 旅行が好きなので、 いろんな国の料理を作るのも好きです 日本人にも食べやすく、日本の材料でも 作れるようアレンジした海外の料理など いろんなお料理やスイーツのレシピを アップしていきたいと思います🎶 よろしくお願いします😊 Instagram→@mayumillion

「料理家」という働き方 Artist History