レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

野菜の旨味たっぷり♪ピーマンと玉ねぎのチーズミルフィーユかつ

主菜

野菜の旨味たっぷり♪ピーマンと玉ねぎのチーズミルフィーユかつ
  • 投稿日2021/03/27

  • 調理時間15

お気に入りに追加

57

野菜をたっぷり巻いたミルフィーユかつ♪ 中からとろーりチーズがたまらない美味しさです♡お好きなソースで召し上がれ♪

材料2人分4個分

  • 豚こま切れ肉
    200g
  • A
    マヨネーズ
    小さじ1
  • A
    塩コショウ
    少々
  • ピーマン
    2個
  • 玉ねぎ
    1/4玉
  • スライスチーズ
    2枚
  • 小麦粉
    適量
  • 溶き卵
    1個
  • パン粉
    適量
  • 揚げ油
    適量

作り方

ポイント

☆ レシピはカツが半分浸かる程度の量の油で転がしながら揚げています。

  • ◎ピーマンは半分に切り、種を取り除く。 ◎玉ねぎは薄切りする。 ◎スライスチーズは半分に切る。

  • 1

    ポリ袋に豚こま切れ肉.A マヨネーズ小さじ1、塩コショウ少々を入れてよくふる。

    工程写真
  • 2

    台に小麦粉をまぶし、工程1の豚こま切れ肉を広げる。 ピーマン,スライスチーズ,玉ねぎをのせて手前からクルクル巻く。

    工程写真
  • 3

    小麦粉をたっぷりまぶしながらおにぎりを作るようにギュッと丸く握る。

    工程写真
  • 4

    溶き卵,パン粉をまぶしたら160℃の低温の油(油を中火にかけて熱し、乾いた菜箸を入れてみたとき、または素材を揚げているときに、細かい泡が静かにゆっくりとまばらに上がってくる状態。) で全体が薄いきつね色になるまで揚げる。

    工程写真
  • 5

    いったん取り出し、180℃の高温(中温の揚げ油の火加減をやや強め、1〜2分たったくらいが目安で、乾いた菜箸を入れてみたとき、また素材を揚げているときに、細かい泡が勢いよく上がる状態。)に上げて全体がこんがりきつね色になるまでさっと揚げたらキッチンペーパーで油切りする。

    工程写真
レシピID

409739

「玉ねぎ」の基礎

「ピーマン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ミルフィーユ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

♪♪maron♪♪(青木ゆかり
Artist

♪♪maron♪♪(青木ゆかり

***栄養士(実力認定A)•フードサイエンティスト•食品衛生課程修了認定•製菓•製パン講師認定資格保有*** ♡♡30分で作れる不思議パン&バスクチーズケーキ風トーストの開発者♡♡ 【可愛いお菓子やパンの簡単時短レシピが得意です】 【愛媛県出身・関西在住】幼稚園児と小学生の2人の男の子を育てながら料理家として活動しています♥ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 学生の頃無理なダイエットをして拒食.過食を繰り返しバランスのよい食事の大切さを実感し、栄養士の資格を取得。 正しい食生活にしてからはMAXの体重よりマイナス20kg!になりました。今でもその体重をキープしています。 結婚後、子供を出産しはじめての育児.毎日続く夜泣きに悩みながらなかなか思うように料理に時間をかけられない状況でいかに時短でバランスのよい食事を作れるかを試行錯誤してきました。 ご紹介させていただいているレシピは私が普段育児の合間に作っているレシピばかりなので、子供が小さくて料理に時間をかけられないかたや共働きで忙しい主婦のかたでも簡単に美味しく料理を楽しんでもらえたらいいなと思いながら投稿しております♪ 私自身お料理をはじめた頃はレシピ通りにうまく作れなかったり失敗ばかりしてきましたが、そこから学んで次作ったときにうまく作れたときは『すごく嬉しい!また頑張ろう!』という気持ちで徐々にお料理が好きになりました♪♪ 失敗すると苦手意識がうまれ、料理作るのが嫌だという気持ちにもなったりするかと思いますが 「料理って頑張らなくてもいい!もっと気軽に楽しみながら作ってもらえたらいいな」 という気持ちでレシピを考えています♪ お料理初心者のかたでも気軽に挑戦していただけるように、火加減や材料の切り方等細かく明記するようにしています♡ 時短でも完成度の高いお料理目指して日々奮闘中! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♡♡♡レシピはテレビで紹介されたり、雑誌掲載やお料理コンテストでも受賞多数♡♡♡ 現在子育てサークルでお料理講師をさせていただいています。

「料理家」という働き方 Artist History