サーモンといくらの親子丼

10

2013.01.03

分類

調理時間: 10分

ID 100190

ひな

ひなやのごはん

サーモンをお花に見立てて華やかに!
卵黄の味噌漬けは一昼夜だけ漬けた柔らかいタイプ。
味噌の旨味と卵黄のとろ〜り加減が絶妙です。
お箸でくずしてサーモンに絡めながら召し上がれ。

    材料(4人分)
    サーモン刺身 1パック(柵)
    いくらしょうゆ漬け 100g
    卵黄 4個
    大葉 16枚
    万能ねぎ 適宜
    白胡麻 適宜
    味噌 200g
    砂糖 大さじ2
    みりん 大さじ2
    ご飯 丼4杯分
    作り方
    Point!
    卵黄の味噌漬けは漬ける時間が長い程、水分が抜けて固くなります。
    今回はサーモンに絡めるので柔らかめに仕上げますが、2〜3昼夜漬けるとお酒のアテに最高ですので多めに作ることをおススメします。
    1. 卵黄の味噌漬けを作る。
      味噌に調味料を合わせてよく練る。
      1/3の量をタッパーの底一面に1cm以上の厚みができるように平らにならし、ガーゼを上に敷く。

    2. ガーゼの上から卵の殻の先が尖った方を使って窪みを作り、卵黄を窪みに入れる。
      まな板の上で広げたガーゼに残りの調味味噌を均一に塗り広げ、卵黄の上に被せ一昼夜冷蔵庫で寝かせる。
    3. サーモンを5mmの厚さの斜め切りにして、くるくる巻いてバラの花のように作る。
    4. 丼にごはんをよそい、大葉を乗せその上に3を乗せ、花の中心部分にいくらのしょうゆ漬けをティースプーンを使って乗せる。
    5. 卵黄を崩さないように取り出し、丼の中心に乗せる。
      万能ねぎ、白ごまを散らす。
    4 22
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「いくら 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。