レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

オレンジバターケーキ

デザート

オレンジバターケーキ
  • 投稿日2021/03/08

  • 調理時間20(作業時間のみ)

3月8日の国際女性デーに合わせて、ミモザのイメージで。 バターに空気を含ませてしっかりふわふわに泡立てておくことで食感が良くなるので、時間をかけてふわふわにしてくださいね。泡立てが足りない状態だともっちりした固いケーキになってしまいます。

材料17×7のパウンド1台またはミニクグロフ10個

  • オレンジピール
    60g
  • はちみつ
    30g
  • バター(食塩不使用)
    80g
  • 粉糖
    70g
  • 1個
  • 卵黄
    1個
  • 薄力粉
    80g
  • ベーキングパウダー
    小さじ1/2
  • アーモンドパウダー
    15g
  • A
    コアントローやグランマニエ
    大匙1
  • A
    大匙1
  • A
    グラニュー糖
    10g
  • B
    粉糖
    60g
  • B
    コアントローやグランマニエ
    小さじ1
  • B
    レモン果汁
    小さじ1

作り方

ポイント

オレンジピールはウメハラの物を使いました。 コアントローやグランマニエを使いたくない場合は、オレンジ果汁をレンジで加熱して濃縮させて使ってもOK。オレンジの皮も少しすり下ろして加えると香りがよくなります。 ミニクグロフの方は焼きあがりのトップを少しカットして、すわりをよくしています。

  • オレンジピールとはちみつをフードプロセッサーでペーストにする。(オレンジピールの粒は残っていてもOk) 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 卵と卵黄は常温に戻し、溶き合わせておく。 パウンド型に敷き紙を敷く。ミニクグロフ型は薄くバターを塗って冷蔵庫で冷やしてから強力粉をはたき余分を落としておく。

    工程写真
  • 1

    バター(食塩不使用)は電子レンジ600wで40秒ほど温めて柔らかくし(22℃くらいがちょうどよい)、粉糖を加えゴムベラで均一になじませる。 バターの温度が低いとたくさんの空気を含まないのでできれば温度は計った方がいいです。

    工程写真
  • 2

    ハンドミキサーの高速で真っ白でふわふわになるまでよく泡立てる。

    工程写真
  • 3

    卵黄、卵を3回に分けて加えその都度ハンドミキサーの高速でよく混ぜる。

    工程写真
  • 4

    薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、アーモンドパウダーを加えゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜる。

    工程写真
  • 5

    粉気がなくなった状態。 ここからさらにゴムベラでしっかりとつやが出るまで混ぜる。(バターの泡立てが足りない状態で、ここでしっかり混ぜると食感の悪いケーキになるので、バターの状態に不安があれば混ぜすぎない方がいいです。)

    工程写真
  • 6

    工程5の状態からさらに150回くらい混ぜてなめらかにつやが出た状態。

    工程写真
  • 7

    オレンジペーストを加える。

    工程写真
  • 8

    均一に混ざるまでゴムベラで混ぜる。

    工程写真
  • 9

    用意した型に入れ、170℃で焼く。 ミニクグロフ(千代田の型)なら15分、パウンド型なら35~40分を目安に焼き、生地を触って弾力があれば焼き上がり。(45~50分ほどかかるオーブンもあると思います)

    工程写真
  • 10

    A コアントローやグランマニエ大匙1、水大匙1、グラニュー糖10gを電子レンジで20秒ほど温めてシロップにし、焼きあがったケーキの粗熱が取れてから全面にしみこませるように塗る。 ラップでぴったり包んで一晩寝かせる。 ミニクグロフ型はひとつづつ包むのが大変なら、しっかり密閉できる容器に入れておいてもOk

    工程写真
  • 11

    B 粉糖60g、コアントローやグランマニエ小さじ1、レモン果汁小さじ1を混ぜてグラスアローを作る。混ぜてみて固ければ少し水を足して固さを調節する。

    工程写真
  • 12

    中央に垂らして自然と垂れるようにしてもいいし、ミニクグロフならコルネに入れて絞っても。 仕上げに刻んだピスタチオを飾っていますが、なくても大丈夫。

    工程写真
レシピID

408505

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

パウンドケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

hoppe
Artist

hoppe

hoppe(ほっぺ) 大阪府出身、在住 2歳年上の主人と、男子3人の5人家族 元看護師(産婦人科、整形、脳外、内科などの勤務を経て高齢者のデイサービス勤務をしてきました。特に高齢者デイサービスは私にとって天職と思えるような充実した楽しい日々でした。) 昔から趣味はと聞かれれば「お菓子作り」と即答してきました!今も変わらずお菓子作りが趣味です。 私の初めてのお菓子作りは小学生のとき。 母が驚くことを期待しながら一人でレシピを見て作った型抜きクッキーでした。 仕事から帰った母の驚いた顔と美味しいと喜んだ顔は今でも忘れられません。 お菓子作りには幸せがいっぱい詰まっています♪ 買うのが当たり前だと思っていたケーキを自分で作れた喜び。 誰かのことを想ってレシピや材料を選んだり、出来上がりを想像しながら作るワクワクした時間、相手が手作りに驚いたり「美味しい!」と笑顔になる瞬間、オーブンからただよう甘い香りに包まれる時間やドキドキしながらオーブンを覗き込む時間、焼き立てを味わえるのも手作りならでは。 でも、日々のお料理とは違い、お菓子は必要不可欠なものではありません。 毎日のことではないので特別な日のケーキは買えばいいし、わざわざ材料や道具を揃えて、となるとハードルが高い物だと思います。 でも、特別なものだからこそ手作りすればさらに特別感は大きくなり、喜びも膨らむと思います。 そして、お菓子作りってやってみると意外と難しい物ではありません。 私は今までお菓子作りを通してたっくさんの幸せを感じてきました。 家族のために日常的にパンを焼くようになってからは友人を招いて、手作りのパンや料理、デザートをふるまっておもてなしをする楽しさも知りました。 この幸せな気持ちをたくさんの人に感じてもらいたい! 自分でケーキやパンを作れる喜びを知ってもらいたい! 安心、安全なお母さんの手作りおやつや焼きたてほわほわパンの優しさをたくさんのおうちに広めたい。 その思いがすごくすごく強くなったので、看護師を辞めてレシピをお伝えすることに力を注ぐことにしました。 日々のおやつだけでなくおもてなしや特別な日に作るお菓子レシピをメインに、大切な家族のために安心、安全にこだわって作る料理やパン、友人をまねくときのおもてなしランチのレシピも公開していきます。 私のレシピを信じて材料を揃えて時間をかけてくれる誰かの笑顔を想像して(*^^*)

「料理家」という働き方 Artist History