*豆腐とタラの水餃子*

20

2015.03.11

分類主菜

調理時間: 20分

ID 125858

海老沢 直美

生理前の不調(PMS)が楽になるレシピ

豆腐はたんぱく質、ビタミンB群、不足しがちなカルシウムや鉄分を多く含みます。
タラはビタミンDが多く、カルシウムなどの吸収を高め、骨や歯を丈夫にします。豆腐との組み合わせがgoodです♪

    材料

    (作りやすい分量 30~40個分)
    豆腐 120g
    タラ切り身 1切(約60g)
    にんにく 1片
    生姜 1片
    玉葱 1/2玉(約100g)
    小さじ1/4
    餃子の皮 約30~40枚
    醤油・酢・ラー油 お好みで

    作り方

    ポイント

    通常の豆腐と餃子の皮でも、美味しいです♪
    豆腐は絹と木綿だと、木綿の方が
    栄養素が優れているのでおすすめです。

    余った餡は、卵と片栗粉を加えて油で揚げると
    美味しいですよ♪
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 豆腐は”大豆まるごと豆腐”
      餃子の皮は”菜食健皮(さいしょくけんび)”
      を使用しています。

      通常の豆腐で、水に浸かっている場合は水切りをおすすめします。
      ”大豆まるごと豆腐”は水切り不要。

      北海道オホーツク地方にお住まいの方は
      ブログに購入先情報載っているのでご覧ください♪
      http://ameblo.jp/ebihoro1856/entry-11996834209.html
    2. フードプロセッサーに豆腐~塩まで全て入れる。
      タラは皮を剥ぎ、手で骨を取りながら3等分くらいにする。にんにくは芯を取り除き、玉葱はざく切りにして入れる。他はそのまま。
    3. フードプロセッサーでなめらかになるまで混ぜる。
      ※かなりゆるめですが大丈夫です♪
    4. 餃子の皮に具を包み帽子型にする。

      ①具をのせる。
    5. ②半円ぐるっと水をつけて折りたたむ。
    6. ③ふちを立たせて中央を尖らせる。
    7. ④半円の端に水をつけてとめる。
    8. 帽子型餃子の出来上がり♪
    9. 沸騰したたっぷりのお湯に餃子を入れる。
      浮き上がってきたら取り出す。
    10. 器に盛り付け完成♪ お好みで醤油・酢・ラー油でお召し上がり下さい。

      ※盛り付け例として、茹でたしめじとピンクペッパーを散らしています。
    8 10

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「餃子 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは