Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 鶏もも肉のコンフィ

    福岡拓さんがレシピを投稿しました!4分前

  2. えびとアボカドのアヒージョ

    貞本紘子さんがレシピを投稿しました!4分前

  3. 【話題沸騰中!】簡単絶品のぺぺたま

    【話題沸騰中!】簡単絶品のぺぺたま 4分前

    160人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 味噌マヨチキン(鶏ハム)【#作り置き #レンジ #鶏むね肉】

    味噌マヨチキン(鶏ハム)【#作り置き #レンジ #鶏むね肉】 6分前

    146人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 重ねて煮るだけ♪『もやしと豆腐のうま辛♡坦々スープ』

    重ねて煮るだけ♪『もやしと豆腐のうま辛♡坦々スープ』 11分前

    133人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

『ライスカリフラワー de 蒸し鶏と卵の親子雑炊』

15

2018.03.20

分類主食

調理時間: 15分(下味をつける時間を除く)

ID228001

Yuu

料理が苦手な方に♪【楽うま♡ゆるメシ】時間と心にゆとりを作る

ライフカリフラワーを使った、ヘルシーな雑炊。

鶏むね肉をレンジでチンして蒸し鶏を作り、あとはライスカリフラワーに乗せて、煮汁を注ぐだけ。

とっても簡単で低糖質&ヘルシーなので、夜食にも最適。

もし、蒸し鶏を作るのが面倒であれば、コンビニ売っているサラダチキンで代用すれば、もっとお手軽ですよ♪

おかゆ、雑炊 マルマサフード ネギ カリフラワー 節約 時短 とろみ 鶏肉 蒸し鶏 生姜 胡椒 雑炊 ささみ ライスカリフラワー 簡単 レンジ 鶏むね肉

このレシピをブログで紹介する

材料2人分
ライスカリフラワー 1パック(120g)
鶏むね肉 1/2枚(150g)
1個
A
大さじ1
A
片栗粉 小さじ1/2
A
塩、砂糖 各小さじ1/3
A
しょうが チューブ1cm
B
1.5cup
B
鶏ガラスープの素 小さじ2
B
大さじ1/2
B
片栗粉 小さじ2
B
しょうゆ 小さじ1/2
粗挽き黒胡椒・刻みねぎ お好みで
作り方
Point!
★鶏ささ身や鶏もも肉でも作れます。 ★溶き卵は、白身と黄身を完全に混ぜ合わせないように! ★4の工程の卵液は、完全に混ぜ合わせないように、サッと切るようなイメージで混ぜてください。 ★電子レンジ500wの方は1.2倍、700wの方は0.8倍にして加熱してください。 ★鍋は16cmのものを使用しました。
  1. ・ライフカリフラワーは耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをする。電子レンジ600wで約3分加熱する。
  2. 鶏むね肉は皮をとり、フォークで数カ所刺す。観音開きにして耐熱ボウルに入れA

    水 大さじ1、片栗粉 小さじ1/2、塩、砂糖 各小さじ1/3、しょうが チューブ1cm

    を揉み込む。そのまま20分ほどおく。
  3. 耐熱ボウルにふんわりラップをし、電子レンジ600wで約4分加熱する。そのまま5分蒸らす。
  4. 耐熱ボウルにB

    水 1.5cup、鶏ガラスープの素 小さじ2、酒 大さじ1/2、片栗粉 小さじ2、しょうゆ 小さじ1/2

    を入れ、よく混ぜ合わせる。ふんわりラップをして電子レンジ600wで約2分加熱する。一旦取り出し、混ぜ合わせてから、再度ラップをして2分加熱する。
  5. 3に軽く溶いた卵を回し入れ、ラップなしで1分加熱する。一旦取り出し、サッと全体を切るようにして混ぜ、再度1分加熱する。
  6. 器にライスカリフラワーを盛り、手で裂いた蒸し鶏を乗せる。4をかけ、お好みで粗挽き黒胡椒・刻みねぎを散らして、お召し上がりください。
18 47
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×ピラフ (18) 時短×チーズ焼き (10) 卵×全粒粉 (5) 鍋×パフェ (4) おかゆ、雑炊×風邪予防 (3) ささみ×麺類 (3) とろみ×麻婆茄子 (3) カリフラワー×雪平鍋 (3) ネギ×黒酢 (3) マルマサフード×酢 (3) ライスカリフラワー×簡単 (3) レンジ×野菜丸ごと (3) 生姜×節分 (3) 節約×鶏モモ肉 (3) 肉×酸辣湯 (3) 胡椒×春野菜 (3) 蒸し鶏×鶏肉料理 (3) 酢×豚ロース (3) 雑炊×長ねぎ (3) 鶏むね肉×鶏肉の唐揚げ (3) 鶏肉×STAUB (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents