夏を盛り上げる!【しっとりササミ串】スッキリ梅昆布めんたい味

30

2021.07.20

分類主菜

調理時間: 30分

ID 414534

おねこ

お酒がすすむ呑兵衛の簡単レシピ

【夏のビールに最高!!こどもにはお祭り気分⁉】

「ささみ?これささみよね⁉」なんて言いたくなるほど、しっとり柔らかくうま味があるささみ串です。
明太子と昆布のうま味、梅の甘酸っぱさが絶品の《やまや めんたいチューブ(梅昆布めんたい味)》に、香りと彩りの青じそをたっぷりのせたら完璧!
柔らかさとうま味の秘密は下味材料【A】と焼き温度です。
このレシピで夏のおうち居酒屋、おうちお祭りを最高に!

やまやコミュニケーションズ

材料

3人分(約12本分)
鶏ささみ 6本(340g)
A
大さじ1
A
めんたいマヨネーズタイプ 大さじ1
A
ふたつまみ
A
片栗粉 小さじ1
めんたいチューブ(梅昆布めんたい味) 適量
青じそ(せん切り) 5〜6枚分

作り方

ポイント

▼焼鳥串のポイント…
①大きく切ると串からぶら下がるような形になり安定しません。市販の焼鳥をイメージして、ひと切れを小さく、それぞれ出来る限り大きさを揃えるのがポイントです。
②串はただ真っ直ぐ刺すより、お肉をなみ縫いするように刺すと安定します。

▼焼き加減について…ささみそのものの厚みやトースターにより焼き時間は変わります。こちらでの温度/時間は目安とし、時々確認しながら調整してください。

▼味付けのポイント…めんたいチューブの使用量により塩味が変わるため、下味では控えめにしています。あとからでも問題なく調整できますので、塩気を強めたい時は塩少々を振りかけてください。

▼魚焼きグリルでも調理していただけます。その場合は「弱火」で焼き始め、全体がしっかり白くなり、表面に生焼け部分が全く見えなくなってから「中火」に上げ、表面に少し焦げ目をつけると香ばしい仕上がりにできます。

#やまやタイアップ
公式アプリで献立を作ろう

レシピを自由に組み合わせて
あなただけの献立が作れる!

アプリストアへ

  1. 鶏ささみを小さめのひと口大に切ってポリ袋に入れ、A

    酒 大さじ1、めんたいマヨネーズタイプ 大さじ1、塩 ふたつまみ、片栗粉 小さじ1

    を加えて優しくよく揉む。
  2. 1を串に刺し、アルミ箔を敷いたトースターの天板の上に並べる。串の持ち手部分は焦げてしまうのでアルミ箔をかぶせる。
    トースター(230℃)で16~18分を目安に焼く。
  3. 2の上にめんたいチューブ(梅昆布めんたい味)をしぼり出し、青じそ(せん切り)をお好みの量のせる。
12 216

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは