レシピサイトNadia

    ブロッコリーとベーコンのペペロンチーズ

    副菜

    ブロッコリーとベーコンのペペロンチーズ

    お気に入り

    72

    • 投稿日2022/11/28

    • 更新日2022/11/28

    • 調理時間5

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存2週間

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    「にんにく×チーズ」で食欲アップ! 栄養たっぷりの緑黄色野菜がパクパク食べられます。 ブロッコリーを茹でる際や味付けに藻塩を使うことで更にうま味が増してコクのあるお味に。 ごはんにもパンにも、お酒にもよく合う一品です。 免疫力アップや美肌効果のあるビタミンCがレモンの1.2倍含まれるブロッコリー。 強力な抗酸化作用もあるので日々の食卓に登場させたい食材です。

    材料4人分

    • ブロッコリー
      1/2房
    • ブロックベーコン
      50g
    • A
      藻塩(なければお手持ちの塩でOK)
      小さじ1
    • A
      1L
    • B
      きざみにんにく(瓶詰)
      小さじ2
    • B
      粉チーズ
      大さじ2
    • B
      藻塩
      1つまみ
    • B
      黒こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    ・ブロッコリーとベーコンの加熱を同時進行すると時短になります。 ・ブロッコリーの水けをしっかりきることで味がぼやけずおいしく仕上がります。

    • 1

      ブロッコリーは小房に分け、茎は周囲の厚い皮を剥いて8mm幅の輪切りにする。 鍋にA 藻塩(なければお手持ちの塩でOK)小さじ1、水1Lを沸かし、ブロッコリーを1分半茹でてしっかり水気をきる。

      工程写真
    • 2

      ブロックベーコンを棒状に切り、耐熱容器に入れる。 ふんわりラップをかけてレンジ(600W)で20秒加熱する。

      工程写真
    • 3

      ブロッコリーとブロックベーコンにB きざみにんにく(瓶詰)小さじ2、粉チーズ大さじ2、藻塩1つまみ、黒こしょう少々を和える。

      工程写真
    レシピID

    449385

    「ブロッコリー」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    佐藤 加奈子(kaana57)
    Artist

    佐藤 加奈子(kaana57)

    高校生の息子と2人暮らしのワーキングマザー。 2022年、17年間の専業主婦生活を卒業。 生活スタイルに変化はありますが、 「体の内側から元気をサポート」 をモットーに、栄養バランスを重視したごはんづくりを心がけています。 2023年、息子のお弁当づくりは(ほぼ)最後の1年となるので、ひとつひとつ想いを込めて大切に作りたいと思います。 フルタイム勤務だと「じっくり」「丁寧に」料理と向き合う時間はなかなかとれないのが実情。 同じお悩みをお持ちの皆さまと同じ目線で試行錯誤しながら、料理の楽しさをお伝えしたいです。 皆さまの食に関するご要望・お悩みに、私のレシピが少しでも寄り添うことができれば嬉しいです♪ 簡単でも心のこもった一品を☆ 心も体も喜ばれますように... ◎資格◎ ・ヘルスフードカウンセラー1級 ・料理&ブレッド講師ライセンス ・フードスタイリストBTC資格

    「料理家」という働き方 Artist History