鶏むね肉のタンドリーチキン

15

2015.04.28

分類主菜

調理時間: 15分(漬け込み時間除く)

ID 127217

柴田真希

管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪MaKitchen

MAQUIA6月号AKB48の小嶋陽菜さんの『みんなの憧れ! こじはるBODYができるまで』で紹介されたレシピです。
ステキBODYを保つために必要な栄養素を含んだレシピとは?

    材料(2人分)
    鶏むね肉(皮なし) 200g
    A
    ヨーグルト 大さじ2
    A
    カレー粉 小さじ1
    A
    小さじ1/3
    さつまいも 1/2本(100g)
    赤パプリカ 1/2個(60g)
    ブロッコリー 4房(40g)
    B
    オリーブオイル 大さじ1
    B
    にんにく(スライス) 1かけ
    作り方
    Point!
    ■オリーブオイルを使用しましたが、ココナッツオイルにしてもよいです。


    (スタイリング・撮影:緑川鮎香)
    1. 鶏むね肉はそぎ切りに切る。
      (A)をボウルに入れて混ぜ、鶏肉を絡めて10分以上置く。
    2. さつまいもは皮付きのまま8mm厚の半月切りにする。
      赤パプリカは乱切りに、ブロッコリーは小房に分けておく。
    3. フライパンに(B)を入れて火にかけ、鶏肉とさつま芋を入れて蓋をして中火で2分加熱する
    4. 鶏肉とさつま芋を裏返し、赤パプリカとブロッコリーを加えて蓋をして弱火で3分位加熱して全体をひと混ぜする。
    5. ≪ステキBODYポイント≫
      ■余分な脂肪を排除するために、鶏胸肉の皮はとりましょう。
      ■キレイな筋肉をつけるために、脂肪分の少ない鶏むね肉を使用。
      ささみでも良いですし、魚の切り身でもOK。
      ■筋肉をつくるために必要なたんぱく質の消化を促してくれるビタミンB6が豊富な食材を使用。
      (にんにく、さつまいも、赤パプリカなど)
      ■抗酸化作用やコラーゲンの吸収を促すためにビタミンC(さつまいも、ブロッコリー、赤パプリカ)を補給。
      色の濃い野菜はβカロテンやフィトケミカルも豊富。
    10 23
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ヘルシー 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。