レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

旨味濃厚!白えびとしらすのトマトスパゲッティ

主食

旨味濃厚!白えびとしらすのトマトスパゲッティ
  • 投稿日2022/04/24

  • 調理時間15

白えびの濃厚な出汁を味わえる、トマトスパゲッティ。 魚介やオリーブの実などの旨味と塩気が加わるので、オイルや塩は最低限でも美味しさがあふれます。 白えびがなければ、普通のえびやしらす、生桜海老などでも同じように作れますよ。 ヘルシーながら満足感のある一品。ぜひ素材の旨味を味わってください。

材料2人分

  • 白えび
    100g(しらすや生桜海老でも。)
  • 玉ねぎ
    1個
  • しめじ
    100g
  • A
    ニンニク
    1片
  • A
    オリーブオイル
    大さじ1
  • B
    ひとつまみ
  • トマト缶
    400g
  • C
    ひとつまみ
  • こしょう
    少々
  • スパゲッティ
    200g
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • しらす
    適量
  • パルメザンチーズ
    適量
  • パセリ
    適量
  • オリーブの実
    2粒

作り方

ポイント

・スパゲッティーをザルにあげる時、しっかり水切りしなくても大丈夫。多少茹で水が一緒に入った方が、ソースの味わいが良くなります。 ・上にのせるしらすやオリーブの実などがない時は、茹でてソースを和えただけでもOKですが、ソースにもう少し塩を加えたほうが美味しくなります。

  • 鍋に2リットルの水を入れて沸かしておく。 ニンニクはみじん切りに、オリーブの実は薄切りにしておく。

  • 1

    玉ねぎは繊維に沿って薄切りする。しめじは小房に分ける。

  • 2

    準備しておいた鍋に塩20g(分量外)を入れ、スパゲッティを入れて袋の表示通りの時間ゆでる。

  • 3

    フライパンにA ニンニク1片、オリーブオイル大さじ1を入れて弱火にかける。ニンニクの香りがでたら、中弱火にして薄切りにした玉ねぎとB 塩ひとつまみを入れ、しんなりするまで炒める。

  • 4

    しめじを加え、油がまわったらトマト缶を木べらなどでつぶしながら入れる。

  • 5

    温まったら白えびとC 塩ひとつまみとこしょうを加えて煮る。

  • 6

    2がゆであがったらザルにあげて水気を切り、5に入れる。オリーブオイルを加えて軽く和える。

  • 7

    器によそい、パセリ、パルメザンチーズ、しらす、オリーブの実をのせる。

レシピID

436042

「パスタ」の基礎

「にんにく」の基礎

「トマト」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

スパゲッティ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

fujinoniji 越野美樹
Artist

fujinoniji 越野美樹

1歳より新宿育ち。 大手証券会社就職後、編集プロダクション・出版社勤務、結婚後約20年の惣菜店経営と料理教室講師を経て、2016年より新鮮で美味しい野菜が身近にある田舎暮らし。娘の通う学校の事務職をしながら、料理教室&食ライター生活のシングルマザー。 不器用ながら、食べたいものはなんでも手作りがモットー。基本調味料で野菜の美味しさを引き出すおうちごはんが得意です。食材と調理法を理解すれば、苦手な野菜も美味しく仕上がるということを伝えたいです。 趣味は美味しいものを食べることとピアノを弾くこと。 学生時代は、お祭り好きの静かな女と言われていました。 料理教室の生徒さんは、みなさんお料理に対する姿勢が変わった、家族が野菜を食べてくれるようになった、レシピを見ただけではわからない火加減や調理法がよくわかって料理の仕上がりが変わった、お腹いっぱい食べても元気に過ごせる、などと口々におっしゃいます。 旬の野菜を自分が食べたいと思う料理に仕上げること、野菜をよく見て切り方や調理法を考えること、素材によって火加減や水加減を調整すること。食材の選び方や、野菜を美味しく仕上げるためのちょっとしたコツなどをお伝えしています。

「料理家」という働き方 Artist History