レシピサイトNadia
    主菜

    チキンのトマト煮込み

    • 投稿日2021/09/02

    • 更新日2021/09/02

    • 調理時間25

    鶏肉にうまみたっぷりなトマトソースがよく合います。 鶏肉の下処理を丁寧にすることがおいしく作るポイントです。 お好みの野菜を加えることでさまざまなアレンジも楽しめます。 にんじん、なす、パプリカ、ピーマン、キャベツ、じゃがいも、かぼちゃ、大豆などがおすすめです。

    材料2人分

    • 鶏もも肉
      1枚
    • 玉ねぎ
      1/2個
    • しめじ
      1個(100g)
    • にんにく
      1/2片
    • A
      トマトの水煮
      200g(ホールトマト)
    • A
      100ml
    • A
      顆粒コンソメ
      小さじ1
    • A
      砂糖
      小さじ1/2
    • A
      ローリエ
      1枚
    • 塩・こしょう
      各少々
    • オリーブ油
      小さじ2
    • 粉チーズ
      少々

    作り方

    ポイント

    *鶏肉の皮と肉の間に多くついている黄色っぽい脂は臭みの原因になります。包丁を使って適度に脂を取り除いてください。全て取り除こうとすると皮が取れてしまうので、できる範囲で取り除いてください。 *鶏肉の下味に使用する塩の分量は、鶏肉の重さの1%が目安。300gの鶏肉なら塩3g(小さじ1/2)です。 *鶏肉を焼いてから煮込むことで、うまみを肉に閉じ込める効果があります。また、焼き色をつけることでコクがでます。 *『工程3』鶏肉はあとで煮込むので、ここでは中まで火が通っていなくても大丈夫です。 *粉チーズはお好みでご使用ください。

    • 1

      玉ねぎは薄切りにして、しめじは根元の部分を切り落として小房にわける。にんにくはみじん切りにする。 トマトの水煮のトマトをつぶす。

      工程写真
    • 2

      鶏もも肉は余分な脂を取り除いて、大きめのひと口大に切り、塩・こしょうをふる。

      工程写真
    • 3

      フライパンにオリーブ油小さじ1を強めの中火で熱し、鶏肉を皮を下にして並べ入れる。焼き色がついたら上下を返し、裏面も焼く。焼き色がつけば一度取り出す。

      工程写真
    • 4

      3のフライパンに残りのオリーブ油とにんにくを加えて弱火で熱し、香りが出てきたら玉ねぎとしめじを加えて中火で炒める。

      工程写真
    • 5

      具材がしんなりとしてきたら、A トマトの水煮200g、水100ml、顆粒コンソメ小さじ1、砂糖小さじ1/2、ローリエ1枚を加えて、3を戻し入れる。煮立てば、アクを取り除き、ふたをして中弱火で約10分煮る。

      工程写真
    • 6

      ふたを外して、時々混ぜながら5〜6分煮る。塩、こしょうで味を調えて皿に盛り、粉チーズをふる。

      工程写真
    レシピID

    420260

    質問

    作ってみた!

    • 492257
      492257

      2023/02/10 14:39

      しめじをマッシュルームに。 水の一部を残っているワインにし、こちらも家にある乾燥オレガノをローリエと一緒に加えてみました。簡単なので忙しい時にはありがたいレシピだと思います。
    • ハッピーハシビロコウ
      ハッピーハシビロコウ

      2021/11/27 09:54

      最後にピザ用チーズでなくて、粉チーズになっていることで少し冷めはじめてもすぐに固まらず、チーズのコクがしっかり入って美味しくなりました!たっぷり入れちゃいました♫ありがとうございました🐦

    「トマト煮」の基本レシピ・作り方

    こんな「トマト煮」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「鶏もも肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    松井さゆり
    • Artist

    松井さゆり

    フードコーディネーター・料理家

    • 野菜ソムリエ
    • フードコーディネーター

    フードコーディネーター/料理家/ いつもの食卓に+Oneのアイデアを!料理の基本を大切に。添加物はなるべく使わない身体にやさしい食事がモットー。旬の野菜をたっぷり使用した毎日のごはんやおうちで簡単に作れるスイーツレシピをご紹介しています。 ◆レシピ開発 ◆コラム執筆 ◆フードスタイリング ◆料理教室 ♦経歴♦ 大阪出身 レコールバンタンフードコーディネーターコース卒業 *イタリアンレストランにてキッチンスタッフ・ホールスタッフとして勤務 *フードコーディネーター事務所に勤務・企業様のメニュー考案、撮影などに携わる *料理教室講師 ♦資格♦ *FCAJフードコーディネーター2級(食の商品開発) *だしソムリエ *発酵食エキスパート *jr野菜ソムリエ *JSAアイシングクッキー認定講師 *食品衛生責任者 ◆受賞歴◆ *2018年 Nadia【コラム賞】受賞 *2019年 レシピブログ「フーディストアワード2019」ホットケーキミックス部門【レシピ賞】受賞 *2020年 E・レシピ【秋のキノコレシピコンテスト】優秀賞受賞

    「料理家」という働き方 Artist History