かぼちゃの米粉スコーン♬<バター不使用&グルテンフリー>

30

2021.04.14

分類デザート

調理時間: 30分

ID 410866

金子美和(さとみわ)

体に優しくて美味しい♡

バターを使わない米粉のスコーンを作りたくて
今回はカボチャのマッシュを加えて
自然の甘味で仕上げたスコーンです。

食事風に食べる場合は、
オリーブオイルと岩塩を添えて。
お好みでクリームチーズをぬって食べると美味しいです♡

おやつに、甘くして食べたい場合は、
お好みのクリームやはちみつ、メープルシロップ、ジャムなどを添えて食べてみてください。

ベースのスコーン生地は甘く仕上げず
食べる人の好みで添えるクリーム等を変えると
好みが違う仲間でも自分流に楽しめます♪

かぼちゃの皮にも栄養が豊富なので
皮も一緒に混ぜ込んで作ってます!

    材料4人分(約8~10個分)
    1個
    米油(太白胡麻油) 40g
    かぼちゃ(皮つき) 80g
    A
    米粉 150g
    A
    ベーキングパウダー 3g
    A
    ひとつまみ
    A
    砂糖 小さじ1
    豆乳(牛乳) 約大さじ2
    作り方
    Point!
    かぼちゃの種類によって仕上がりの味や食感が少し変わってきます。
    水分が少ないカボチャの場合は、豆乳(牛乳)を加える時に、少し多めに必要になってくると思います。
    入れすぎると生地の扱いが大変になるため、様子をみながら加えてみてください。
    1. ★かぼちゃ(皮つき)を適当な大きさにカットしてレンジ600Wで2~3分加熱して柔らかくする。
      (皮つきのまま使用していますが、皮を取り除きたい場合は取り除いた状態で80gになるよう計量してください)
      ★オーブンは190度に予熱する。
    2. レンジ加熱して柔らかくなったカボチャをフォークでマッシュする。
      (皮にも栄養があるので、皮も一緒にマッシュしています)
    3. マッシュしたカボチャにA

      米粉 150g、ベーキングパウダー 3g、塩 ひとつまみ、砂糖 小さじ1

      を加えてカボチャと粉類をよく混ぜておく。
      (甘さはほとんどカボチャの甘味だけで作っています。生地そのものを甘くしたい場合は、砂糖の量をお好みで増やしてください)
    4. ボウルに卵を入れてよく溶きほぐし、米油(太白胡麻油)を少しずつ加えてよく混ぜ合わせる。
      (マヨネーズを作るようなイメージです。しっかり混ぜていくとクリーミーになっていきます。)
    5. 粉と合わせたカボチャのマッシュに③の卵液を少しずつ加えてポロポロになるまで混ぜ合わせる。
    6. ポロポロになった生地に、様子をみながら豆乳(牛乳)
      を加えて生地をまとめる。
    7. 生地がまとまったら2㎝程度の厚さにのばして、お好みの型で抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べる。
      (型の大きさにもよりますが、8~10個くらい出来上がります)
      ※米粉なので膨らまないため、型抜きした大きさが出来上がりの大きさになります。
    8. ⑤で加えた豆乳(牛乳)が残っていれば天板に並べた生地の表面に薄く塗っておくとツヤよく焼き上がります。
      190度に予熱したオーブンで約20分焼く。
    3 72
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「スコーン 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。