レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

焼くまで10分*簡単!美味しい完熟バナナしっとりバナナケーキ

デザート

焼くまで10分*簡単!美味しい完熟バナナしっとりバナナケーキ
  • 投稿日2020/05/23

  • 調理時間30

★【焼くまで10分】泡立てる必要なし!混ぜるだけでしっとりバナナケーキ!美味しさの決めては完熟バナナを使うこと。 ★スイートスポットの出た 〈完熟バナナ救済プロジェクト〉 このケーキを焼きたいためにわざと バナナを完熟させることもあるくらい、完熟と若いバナナでは出来上がりが違います。 ★バナナを全部入れずに1本は飾りにします。キャラメリゼされたバナナが美味しく焼けます。 ★【A】をホットケーキミックスにすればもっと簡単時短になります。その場合は焼くまで7分!また、お砂糖を50g に減らしてくださいね。

材料8人分20cmパウンド型1台分

  • A
    薄力粉
    150g
  • A
    ベーキングパウダー
    小さじ2
  • A
    ひとつまみ
  • B
    バター
    70g(食塩不使用)
  • B
    三温糖
    70g
  • 1個(Mサイズ)
  • 完熟バナナ
    2本(200g)
  • レモン
    1/2個分(大さじ2 市販のレモン汁でも可能。)
  • くるみ
    40g(粗く刻む)
  • 完熟バナナ〈飾り用〉
    1本(縦に割る)

作り方

ポイント

★オーブンの温度や焼き時間は機種により調節してくださいね。 ★バターは食塩不使用を使っています。どうしてもない場合には、塩ひとつまみを入れずに普通のバターを使ってくださいね。 ★三温糖の他、きび砂糖やブラウンシュガーでも◎ ★【お豆腐とホットケーキミックス+完熟バナナてバナナブレッド】 🆔405524 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/405524

  • ★型にバターを塗り、小麦粉をふるっておく。 ★オーブンを180度に予熱。 ★バナナは潰してレモン汁をかけ、飾り用バナナは縦に半分に割り、表面にレモン汁を塗る。

  • 1

    A 薄力粉150g、ベーキングパウダー小さじ2、塩ひとつまみはふるっておく。バターは室温で柔らかくしておく。

    工程写真
  • 2

    ボウルにB バター70g、三温糖70gを入れて泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。 ☆砂糖がジャリジャリしなくなるまで

  • 3

    【2】に卵を少しずつ加えてその都度混ぜる。

    工程写真
  • 4

    完熟バナナ2本をつぶして混ぜ、粉類の半量を加えて、木べらで下からすくうようにさっくり混ぜる。

    工程写真
  • 5

    残り半量の粉、くるみを混ぜて型に入れ、完熟バナナ〈飾り用〉を縦に割ってのせる。

    工程写真
  • 6

    180度のオーブンで20〜25分焼く。 型から外して網の上で冷ます。

    工程写真
  • 7

    すぐでも食べられますが、ラップして冷蔵庫で一晩冷やすとよりしっとりします。

    工程写真
  • 8

    中のしっとりもっちりバナナと上にのせたバナナのこんがり焼けた甘いバナナの両方の味を楽しめます。

    工程写真
  • 9

    【お豆腐を使うヘルシーバナナブレッド】 🆔405524 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/405524

    工程写真
レシピID

392294

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ケーキ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

道添明子〈あーぴん〉
Artist

道添明子〈あーぴん〉

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

「料理家」という働き方 Artist History