レシピサイトNadia

    切って和えるだけ!ゴーヤといわしの味噌煮の生姜和え

    副菜

    切って和えるだけ!ゴーヤといわしの味噌煮の生姜和え

    お気に入り

    25

    • 投稿日2022/09/23

    • 更新日2022/09/23

    • 調理時間5

    ゴーヤを生のまま切って塩揉みしてから、いわしの味噌煮缶詰めと千切り生姜を合わせるだけの簡単なおつまみごはんです^^ ご飯のお供にもお酒のアテにもなる夏から初秋にかけての簡単おつまみごはんを作ってみませんか? ゴーヤの苦味は塩揉みすることでマイルドに! 生だと食感が良くてクセになります! 普段から夏場はゴーヤを生で塩揉みしておいてタッパに入れて毎日いろんなものに入れて使っています^^ ゴーヤの苦味を嫌う人もいますが、ゴーヤは苦くてなんぼなので、ぜひゴーヤ好きな人は試してみてください!

    材料2人分分量によっては3人前に分けることも可能です。

    • ゴーヤ
      1/3本(80g)
    • 小さじ1/3
    • いわしの味噌煮缶詰
      1缶
    • 生姜の千切り
      1片分(大さじ1分くらい)
    • 白ごま
      適量

    作り方

    ポイント

    ・出来上がったら、1,2日で要冷蔵で召し上がってください。 ・時間が経つとゴーヤの水分で味がぼやけてくることもあるので、その場合は塩を少しふりかけて味を調整してください。 オススメの季節:6月から9月末までの夏から初秋にかけて ※住んでいる場所によって流通のズレがあります。 ゴーヤの出回る季節にお試しください!9月のゴーヤは味がのってて美味しくてオススメ!

    • 生姜は千切りにしておく。

    • 1

      ゴーヤは縦に半分に切り、種とワタを取り除く。 3mmくらいの半月切りにする。 【ボウルを使う場合】 ボウルに移してから塩を小さじ1/3をふりかけて、手で1分くらい塩揉みして下味をつけて水分を抜いておく。 【ビニール袋を使う場合】 ゴーヤと塩をビニール袋に入れて1分ほど塩揉みして、下味をつけて水分を抜いておく。 ※洗い物が少なくなってお手軽です。

      工程写真
    • 2

      【ボウルを使う場合】 ゴーヤから出てきた水分をしっかりと切り、いわしの味噌煮缶詰を汁ごと加えて、箸などで軽く潰しながら混ぜ合わせて、生姜の千切りを半分と白ごまを加え混ぜ合わせる。 【ビニール袋を使う場合】 ビニール袋からゴーヤの水分を抜いて、いわしの味噌煮缶詰を汁ごと加えて、手で軽く潰しながら混ぜ合わせて、生姜の千切りを半分と白ごまを加え混ぜ合わせる。 ※強く押し込むとビニール袋が破れるので注意してください。ゴーヤの水分を抜いてから、ボウルに移して仕上げても良いです。

      工程写真
    • 3

      器に盛り付けて、残りの生姜の千切りをのせる。

      工程写真
    レシピID

    445301

    「ゴーヤ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    旬食料理研究家 久保 たかひろ
    Artist

    旬食料理研究家 久保 たかひろ

    料理研究家・発酵マイスターとして活動しています久保崇裕です。 『自分思いのいい加減ごはん』をコンセプトに 旬の野菜や食材と発酵食品を使った料理を得意とし、 時代に応じた、 日々、無理なく、美味しく、健康な、ちょうどいい加減のおうちおつまみごはんを提案しています。 おうちごはんのハードルを下げて、おうちごはん作りが楽しい! おうちで簡単におつまみを作っておもてなししてみたい! と思ってもらえる人を増やす活動をおこなっています。 【おつまみごはんとは?】 おつまみごはんとは、ごはんにもお酒のおつまみにもなることを言いまして、 僕が作ったジャンルです^^ 料理教室イベントは400回以上開催で5000人以上の方々が 参加してくださっています。料理に携わって20年以上、 料理研究家として9年活動をおこなっています。 実績2012-(敬称略) ・2021年9月17日、24日に毎日放送のよんチャンTVの『玉巻映美のもったいないレストラン』に料理研究家として出演。しめじとみょうがをテーマにした料理レシピを提案。 ・2020-2021 テンチョスチームでクラフトコーラシロップ『日々乃コーラ』の制作に携わる ・阿波ふうどスペシャリストアワード2021年で『写真がいいね!』賞を受賞。 ・大阪市北区の太融寺の飲食店『テンチョス』の料理監修兼料理人(2019年から現在 も担当) ・Youtubeにて『ちょうどいい食卓』チャンネルを開設。現在定期配信中 ・関西医科大学と組んでの糖尿病患者向けの美味しく食べれる料理講座 ・チームブランディング会社との料理でチームブランディング企画 ・大阪弁護士会からのご依頼で食のイベント企画 ・新潟の酒蔵『八海山』の大阪営業所と組んでのお酒の定期イベント(100回以上開催 実績) ・大阪梅田の山長梅田店と組んでのお酒の会(不定期開催) ・公益社の会員向け会報誌の料理ページ担当(2015年から現在も担当) ・公益社の老人ホーム向け新聞の料理コラム(2021年1月で終了) ・スーパーで購入できる調味料などでお気楽に料理が学べる料理講座(定期開催中) ・サンケイリビングにて、男のお酒のアテ料理特集 ・東京の家事代行会社のスタッフ向け料理講座 ・西宮の保育園の調理スタッフ向け料理講座 ・パソナ農援隊とグリーンラボラトリーとの地域活性化プロジェクトで岡山県真庭市 の特産品を使った料理講座 ・グリーンラボラトリーとワンダフルテーブルと滋賀県高島市主催の発酵の町高島の 食展示会での料理担当 ・大阪中津の結婚相談所と組んでの料理合コン(現在も定期開催中) ・グランフロント大阪 木曜Umekikiマルシェの運営サポート、企画主催 ・大阪高槻の民藝と発酵をテーマの古民家ショップ&カフェ『テマヒマ』にて塩麹ワー クショップを開催 ・オンライン料理レッスンを定期開催 ・徳島県 半田素麺会社への半田素麺を使ったレシピ提供 ・オーガニック素材を使った建築事務所の塩麹を使った料理ページを担当 ・しごとの間借りプロジェクトにて、チャイギフトのチャイの監修を担当 ・みそ汁食堂のみそらの、夜の裏みそらの料理担当、ワークショップ担当(2023年1月より)

    「料理家」という働き方 Artist History