レシピサイトNadia

    具沢山♪鶏肉とキャベツとえのきのさっぱり春雨スープ

    汁物

    具沢山♪鶏肉とキャベツとえのきのさっぱり春雨スープ

    お気に入り

    313

    • 投稿日2022/10/08

    • 更新日2022/10/08

    • 調理時間15

    お酢が入ることでコクがありながらさっぱりとつるりといただけます^^ 薬膳効果 ☆鶏肉…食欲不振、虚弱体質に、疲れやすい人に、美肌に ☆緑豆春雨(緑豆)…体の余分な熱を取る、むくみに、のどの渇きに ☆キャベツ…食欲増進、胃もたれに、胸のつかえに、胃痛に、虚弱体質に、疲れやすい人に、消化器系の潰瘍予防に ☆えのき…便秘に、食欲不振に、動脈硬化に、肌荒れに ☆ネギ...発汗作用、風邪の初期症状に、冷え性に、胃腸の働きを整える。

    材料4人分2人分の分量はポイント欄に記載しています。

    • 鶏もも肉
      350~400g
    • きゃべつ
      1/4玉・正味約240g
    • えのき
      1/2袋・正味約100g
    • 長ねぎ
      1/2本・正味約50g
    • 緑豆春雨(ショートタイプ)
      60g
    • A
      1100㏄
    • A
      みりん・白だし
      各大さじ2
    • A
      酢・オイスターソース
      各大さじ1
    • A
      鶏がらスープの素
      小さじ4
    • A
      小さじ1
    • ごま油
      お好みで適量
    • 粗びき黒こしょう
      お好みで

    作り方

    ポイント

    ・白だしは10倍濃タイプを使っています。(お吸い物が1:9と書かれているものが10倍濃縮タイプになります。) 私はヒガシマル醬油さんの京風割烹白だしを使っています。 【2人分の場合】 鶏もも肉:175~200g きゃべつ:1/8玉・正味120g えのき:1/4袋・正味50g 長ねぎ:1/4本・正味25g 緑豆春雨:30g (A)水:550㏄ (A)みりん・白だし:各大さじ1 (A)酢・オイスターソース:各大さじ1/2 (A)鶏がらスープの素:小さじ2 (A)塩:小さじ1/2 ごま油:お好みで適量 粗びき黒こしょう:お好みで

    • きゃべつは1㎝幅に切る。 えのきは石づきを切り、半分に切る。 長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。 鶏もも肉は2~3㎝角に切る。

    • 1

      鍋にA 水1100㏄、みりん・白だし各大さじ2、酢・オイスターソース各大さじ1、鶏がらスープの素小さじ4、塩小さじ1を入れて火にかけ、煮立ったら鶏肉を加えて弱めの中火で煮る。(灰汁が出た場合は取ります。)

      工程写真
    • 2

      鶏肉に火が通ったら、きゃべつ、えのき、長ねぎも加えて煮る。

      工程写真
    • 3

      全体に火が通ったら、緑豆春雨(ショートタイプ)を加えて2分火を通したら味をみて、足りない場合は塩(分量外)で調えて出来上がり! 器に盛り、お好みでごま油を垂らして粗びき黒こしょうを振る。 (スープジャーに入れる場合は、緑豆春雨を戻さずにスープジャーに入れ、熱いスープを注いで蓋をして下さい。スープジャーの中で丁度よく火が通ります。)

      工程写真
    レシピID

    446205

    「春雨」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    松山絵美
    Artist

    松山絵美

    11歳から6歳の4児ママです☆ 間違ったダイエットから心と身体を壊した自身の経験から、間違ったダイエットによる心への影響や食の大切さを伝えるべく、季節の食材を使ったヘルシーな料理を提案。身体も心も元気に楽しく美しくをモットーにしています。 忙しい日々、なるべく時間をかけず、簡単にお手軽な食材で作れるレシピを中心に、息抜きおつまみ、お友達と囲むおもてなし料理などもご紹介しています。 企業、メーカーのレシピ作成、開発。料理教室など。 また薬膳、チーズ、日本酒、ワイン、食と健康についての資格所有。 著書『4児ママ松山さんの薬膳効果つき やみつき節約めし』が絶賛発売中。

    「料理家」という働き方 Artist History