レシピサイトNadia
    主食

    【鶏五目おこわ】炊飯器で♪もちもちご飯が大人気◎お祝いに◎

    • 投稿日2022/05/04

    • 更新日2022/05/04

    • 調理時間10(浸水や炊飯時間は除く)

    【もちもちご飯が大人気❣️お祝いや子どもの行事に◎👦🎏✨】 手のかかりそうな鶏おこわを 混ぜご飯の作り方で炊飯器で 簡単に作りました(^^)👌 蒸したりする必要なし✨ 炒めた具材を炊飯器にポイッと 入れるだけなので楽ちん♪ お野菜、鶏肉がたっぷりとれて 栄養満点‼️旨みたっぷり‼️ なにより美味しい🍚‼️✨ お祝い事にもぴったりです◎

    材料4人分

    • もち米
      2合分
    • 鶏もも肉
      1/2枚(150g)
    • 人参
      1/4本(30g)
    • ごぼう
      1/3本(40g)
    • 干し椎茸
      5枚
    • 油揚げ
      1枚
    • A
      酒、みりん
      各大さじ1.5
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      醤油
      大さじ2.5
    • A
      和風だしの素
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ★三葉お好みで♪ ★生椎茸でも代用可能◎ ★椎茸の戻し汁が足りない場合や生椎茸を使う場合は水を入れてください◎ ★煮汁を炊飯器に入れる際はザルを使うと便利です◎

    • 1

      もち米→1時間以上浸水させる。 干し椎茸→袋の表示通り戻し薄切り。 ごぼう→薄切りにし酢水に晒す。 人参→いちょう切り。 油揚げ→三等分にし細切り。 鶏もも肉→小さめに切る。

      工程写真
    • 2

      フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、ごぼう→鶏肉人参→椎茸油あげの順で炒め、A 酒、みりん各大さじ1.5、砂糖大さじ1、醤油大さじ2.5、和風だしの素小さじ1/2を加え2分ほど煮詰める。

      工程写真
    • 3

      炊飯器によく水気を切ったもち米と②の煮汁を入れ2合の目盛りの少し下まで椎茸の戻し汁を入れる。

      工程写真
    • 4

      具を加え炊き込みモード又は普通炊きで炊飯する。

      工程写真
    レシピID

    436515

    質問

    作ってみた!

    • マミ
      マミ

      2022/12/23 11:58

      コメント失礼します。このおこわが家族大好きで年末に作る予定なのですが、人数が多いので 倍量で作りたいと思っています。 ただこのレシピの倍量でつくればいいか、何かポイントなどあれば教えて頂きたいです。
    • 182794
      182794

      2022/09/23 09:25

      1合は普通のお米にしてもいいですか?

    「炊き込みご飯」の基本レシピ・作り方

    こんな「炊き込みご飯」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「鶏もも肉」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    coto
    • Artist

    coto

    料理家

    • 調理師
    • 食育インストラクター

    食べる事が大好きな一児のママです✩ ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 書籍(宝島社) 【cotoの家族が喜ぶおうちごはん】(2021.12) 【cotoの人気おかずで35日間献立】(2023.3) おかげさまで累計10万部突破しました🥹✨ ・全国の書店・楽天ブックス・Amazonにて𓂃𓈒𓏸 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ▪️Instagram フォロワー56万人(2023.10) @ct__cook ▪️YouTube はじめました(2023.10) 「cotoのおうちごはん」 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 身近な食材と一般的な調味料だけを使って栄養たっぷり、誰でも失敗なく作れる簡単で分かりやすいレシピを目指して発信しています。 簡単時短になる豆知識等も♬︎ レンジレシピや包丁を使わないレシピ等のささっと作れるもの、家族の為に栄養のある物を考えて日々お料理をしています。 美味しい物を食べる幸せ、喜んで食べてもらった時の幸せ。笑顔が溢れる食卓に、愛情たっぷりのおうちごはんを美味しく召し上がって頂けることを願って。 そして将来大きくなった我が子が母の味をいつでも作って食べれる様に記録に残します。

    「料理家」という働き方 Artist History