レシピサイトNadia

    柿と生ハムのオードブル。クラッカー、クリームチーズにのせて。

    副菜

    柿と生ハムのオードブル。クラッカー、クリームチーズにのせて。

    お気に入り

    153

    • 投稿日2017/11/27

    • 調理時間10

    秋らしい、柿を使ったオードブル。クラッカーに柿、生ハム、クリームチーズをのせていくだけ。柿の甘みと生ハムの塩気、クリーミーなチーズが絶妙にマッチして美味しいのです。 昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、柿は栄養たっぷりの果物。ビタミンCはみかんの2倍も含まれているそうですよ♪

    材料4人分

    • 1/2個
    • 生ハム
      40g
    • クリームチーズ
      40g
    • クラッカー
      12枚
    • オリーブオイル
      少々
    • ブラックペッパー
      少々

    作り方

    ポイント

    生ハムを立体的に見えるように折りたたむと、高さが出てきれいです♪写真では彩りにパセリを飾りました。 秋のホームパーティーやワインのおつまみにオススメです!

    • 1

      柿は皮をむき、5mm幅にスライスして4つに切る。

      工程写真
    • 2

      クラッカーにクリームチーズを塗る。小皿にオリーブオイルをたらし、柿の片面につけ、オイルがついたほうを下にしてチーズの上にのせる。その上に生ハムを折りたたんでのせ、ブラックペッパーをふりかける。

      工程写真
    レシピID

    215147

    「柿」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    いがらしかな
    Artist

    いがらしかな

    プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

    「料理家」という働き方 Artist History