Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】

    きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】 4分前

    104人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】

    なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】 5分前

    232人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. *水茄子ときゅうりの即席中華漬け*

    松山絵美さんがレシピを投稿しました!6分前

  4. 【レンジ肉味噌】万能肉味噌*ご飯に麺に野菜に包んでお豆腐♪

    道添明子〈あーぴん〉さんがレシピを投稿しました!15分前

  5. 豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】

    豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】 16分前

    104人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

鯖味噌缶と香味野菜のどんぶり

10
どんぶりの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.08.27

分類主食

調理時間: 10分

ID343863

中井エリカ

管理栄養士。栄養満点の簡単おいしいレシピを発信中!

鯖味噌缶を使うのでとても簡単!でも缶詰を缶詰を使ってるとわからないほど、本格的なおいしさですよ。
鯖はDHAやEPAが豊富で、血液サラサラ効果や記憶力向上などからだにうれしい効果がたくさんあります(^^)


どんぶり どんぶり 鯖缶 鯖味噌缶 薬味 時短 健康レシピ 簡単 香味野菜 火を使わない

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
鯖味噌の缶詰 1缶
新玉ねぎ(or玉ねぎ) 1/2個
マヨネーズ 大さじ1/2
おろし生姜 小さじ1/2
青じそ 5枚
みょうが 1個
卵黄 2個
炒り胡麻 適量
あたたかいごはん 2膳
作り方
Point!
鯖をほぐすときはフォークを使うとやりやすいかと思います。
  1. ・新玉ねぎは薄切りにする。(玉ねぎの場合は薄切りにした後5分ほど水にさらす)

    ・青じそは千切りにする。
    ・みょうがは小口切りにする。
  2. 鯖味噌の缶詰をボウルに入れ、新玉ねぎ、マヨネーズ、おろし生姜を加えて鯖をほぐしながら和える。
  3. どんぶりにあたたかいごはんをよそい、1をのせ、真ん中に卵黄を落とす。
    青じそ、みょうが、炒り胡麻を散らしてできあがり。
21 135
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか
    7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術
    お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐
    暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐 この特集を読む
  5. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  6. PR 【PR】全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」
    全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」 この特集を読む
  7. PR 【PR】素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン
    素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  8. PR 【PR】BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン
    BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×紅生姜 (26) 時短×紅生姜 (14) どんぶり×麻婆 (3) 丼×麺つゆ (3) 健康レシピ×鍋 (3) 火を使わない×鶏肉 (3) 薬味×麹 (3) 香味野菜×赤ワイン (3) 鯖缶×鯖の水煮缶 (3)
もっと見る

「丼 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents