レシピサイトNadia

    夏の定番 ヴィシソワーズ コンソメジュレの2層仕立て

    • 投稿日2013/08/12

    • 更新日2013/08/12

    • 調理時間30

    お気に入り

    34

    夏の定番ビシソワーズ☆  手に入りづらいポワロー(西洋ねぎ)は使わずに シンプルに メークインと玉ねぎだけで勝負!じっくりうまみを引き出して。 コンソメのジュレと2層仕立てにすれば おもてなし度アップ! さらに旬のビーツで色付けしても!

    材料4人分

    • メークイン
      2個(約200g)
    • 玉ねぎ
      大1/4個
    • バター
      20g
    • 大さじ1-2
    • ブイヨン
      400cc
    • ローリエ
      1枚
    • 塩・こしょう
      適宜
    • 牛乳
      200cc
    • 生クリーム
      50cc
    • チャイブ
      飾り用 適宜

    作り方

    ポイント

    バターで 玉ねぎを焦がさないように じっくりいため、甘さを引き出します。 じゃがいもも加えて スープを入れる前にじっくり素材のうまみを引き出すことで ぐんと美味しさがアップします。 (今回は無水調理のできる鍋 ストウブ使用 )

    • 1

      玉ねぎ、メークインは皮をむき スライサーで薄切りにします。  (スライサーを使えば 薄く火の通りも早くて便利☆)

    • 2

      鍋にバターを熱し玉ねぎを塩少々し 弱火でじっくり焦がさないように炒め、蓋をし蒸し煮にします。続いてメークインも加えて塩少々と大さじ1-2杯の水を加え蓋をし同様に10分うまみを引き出します。(じゃがいもは焦げ付きやすいので注意 適宜確認)

    • 3

      2が十分にうまみが引き出されたらブイヨン*、ローリエ1枚を加え5-10分弱火で煮ます。(2で十分火が通っているので 長い時間煮込む必要はありません。)火を止め牛乳を加え粗熱を取ります。 *素材の味を大切にしたいので化学調味料無添加を使用

    • 4

      粗熱が取れたら ローリエを取り出しミキサーにかけ 滑らかにとろみがつくまで撹拌します。塩・こしょうで 味を調えます。 (ちょっとひと手間:目の細かいザルで濾すとより滑らかに仕上がります)

    • 5

      (冷蔵庫で一晩寝かせたほうがより美味しいです) 冷やして食べる前に生クリームを加え混ぜます。 ガラスの器にあらかじめ冷やし固めておいたコンソメジュレ(下記)の上に スープを流しいれ、シブレットのみじん切りをチョコっと飾って出来上がり♡ 

    • 6

      *ビーツのきれいな色でで色付け* 水煮にしたビーツを少量 出来上がったビシソワーズの一部と一緒にミキサーにかけ お好みで色付けしています。ビーツはほんの少しできれいな色が付きますし、じゃがいもとの香りの相性もばっちり♡  おもてなし度UP!

    • 7

      *コンソメジュレの作り方* コンソメやブイヨンに その分量をゼリーにするゼラチン量を溶かして  器に冷やし固めておきます♡

    レシピID

    101879

    質問

    作ってみた!

    関連キーワード

    「玉ねぎ」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    Can'Naカンナ/片岡可奈子
    • Artist

    Can'Naカンナ/片岡可奈子

    料理家 ワインサロン&クッキング ラトリエ・デ・ヴァン主宰 日本ソムリエ協会 ワインアドバイザー 日本穀物検定協会 米粉食品指導員 あなただけの真心込めた素敵なお料理とワインのマリアージュ♡  "もっと素敵にワインのある暮らし" をご提案。 ワイン・シャンパーニュの輸入商社でのワインアドバイザーの経験・美食の経験を活かし、料理家デビュー。 毎年渡仏し 生きた食文化を学び 自分らしく発信。 旬の素材を活かした ご家庭でも気軽に挑戦できちゃうヘルシーフレンチ 「Can'Naのパリレシピ」が人気を集めている。

    「料理家」という働き方 Artist History