レシピサイトNadia

    本場風タンドリーチキン

    主菜

    本場風タンドリーチキン

    お気に入り

    30

    • 投稿日2016/04/07

    • 更新日2016/04/07

    • 調理時間20(漬ける時間・焼き時間を除く)

    本格に近いタンドリーチキンです。 骨付き鶏肉を使い下味にひと晩から3〜4日間漬け込んで、オーブン又はグリル、フライパンなどで焼いて食べます。

    材料6人分

    • 骨付き鶏肉(ドラムスティック)
      8本(約700〜800g)
    • 大さじ1
    • A
      プレーンヨーグルト
      1カップ
    • A
      レモン汁
      1個分(約50cc)
    • A
      おろしにんにく
      大さじ1
    • A
      おろししょうが
      大さじ1
    • A
      カレーパウダー
      大さじ2
    • A
      イエローマスタードシード
      大さじ1
    • A
      チリペッパー
      大さじ1(またはカイエンペッパー)
    • A
      コリアンダーパウダー
      大さじ1
    • A
      ガラムマサラ
      大さじ1/2
    • A
      大さじ1/2
    • A
      クミンパウダー
      小さじ3/4

    作り方

    ポイント

    ・鶏肉に3~4箇所フルーツナイフなどの刃先で切れ目を入れて下さい。 ・フライパンで作る場合はチキンを返したら白ワインを入れて5~7分蓋をして蒸し焼きにして下さい。チキンの大きさにも寄るので火加減は調整してください。

    • 1

      骨付き鶏肉(ドラムスティック)は味が染みるように、刃先で切れ目を3〜4箇所入れ、塩をよく揉み込んで10分ほどおく。

    • 2

      大き目のボウルにA プレーンヨーグルト1カップ、レモン汁1個分、おろしにんにく大さじ1、おろししょうが大さじ1、カレーパウダー大さじ2、イエローマスタードシード大さじ1、チリペッパー大さじ1、コリアンダーパウダー大さじ1、ガラムマサラ大さじ1/2、塩大さじ1/2、クミンパウダー小さじ3/4を入れてよく混ぜ、1を入れて全体に絡める。

    • 3

      ひと晩から2〜3日間冷蔵庫に入れ、時々肉を返しながらマリネする。

    • 4

      予熱を200度に入れたオーブンで40分ほど、上下を返しながら焼く。

    • 5

      フライパンで焼く場合は中火で熱し、マリネ液を軽く切ってから、皮の面を下にして入れ5分ほど焼く。 こんがりと焼けたら上下を返し、白ワイン(分量外・大さじ2程度)を入れて蓋をして更に5分焼いたら完成。

    レシピID

    137705

    「レモン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    吉村ルネ
    Artist

    吉村ルネ

    低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング/出汁料理家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

    「料理家」という働き方 Artist History