レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

イチゴミルクバターサンド

デザート

イチゴミルクバターサンド
  • 投稿日2021/03/03

  • 調理時間20(作業時間のみ)

温かくなってきたので春らしいお菓子を作りたいなと思って、サクッと軽くくちどけの良いクッキーとイチゴミルクバタークリームを組み合わせてみました♪ 柔らかいクッキーなので、クリームとなじみやすく翌日には一体感が出てしっとりします。

材料8~10個

  • バター(食塩不使用)①
    60g
  • 粉糖
    30g
  • 卵黄
    1個
  • コーンスターチ
    30g
  • 薄力粉
    80g
  • フリーズドライイチゴパウダー①
    7g
  • バター(食塩不使用)②
    50g
  • 練乳
    40g
  • フリーズドライイチゴパウダー②
    5g
  • フリーズドライイチゴピース(お好みで)
    適量

作り方

ポイント

せっかくイチゴパウダーを入れたので、できるだけ焼き色を付けずにしっかり焼き上げたいです。焼きが足りないと、サクッとした食感にならないので、低温でゆっくりと焼き上げてください。設定温度を下げるとうまく焼けない場合は150℃くらいで時間を短くして、最後は庫内にしばらく置いて、乾燥させるイメージで。

  • 工程5のクッキー生地を伸ばす前にオーブンを160度に予熱する。

  • 1

    バター(食塩不使用)①は電子レンジ600wで20~30秒加熱して柔らかくし、粉糖を加えてすり混ぜる。

    工程写真
  • 2

    卵黄を加えて混ぜる。

    工程写真
  • 3

    コーンスターチ、薄力粉、フリーズドライイチゴパウダー①を加えて混ぜる。 最初はバターを切って粉となじませていくように、次第にしっとりしてきたら、ゴムベラの面でボールの底をこするように全体をしっかりと混ぜる。

    工程写真
  • 4

    ひとまとまりになったらラップでぴったり包んで冷蔵庫で2時間以上休ませる。

    工程写真
  • 5

    休ませた生地を揉んで伸ばしやすくし、3㎜の厚みに麺棒で伸ばす。3㎜のルーラーがあると均一に伸ばせて便利です。

    工程写真
  • 6

    クッキー型で抜く。(縦6㎝、横5㎝のイチゴの形で抜いていますが、花の形や丸、四角などお持ちの型で)

    工程写真
  • 7

    天板に隙間を空けて並べ160℃で8分、130℃に下げて18分焼く。(型の大きさが上記とかなり違う場合、焼き加減も変わることがあります。またオーブンによっては庫内温度が下がりやすく、130℃ではうまく焼けないことがあります。)焼きあがったら冷ましておく。 左右対称の形ではない型を使う場合は、半分は裏返して並べる。

    工程写真
  • 8

    バター(食塩不使用)②を電子レンジ600wで20秒ほど温めて柔らかくし、練乳、フリーズドライイチゴパウダー②を加えてよく混ぜる。練乳が冷たいと分離してしまうので、練乳は常温に戻して使う。もし分離してしまった場合は電子レンジで10秒ほど、溶けないよう様子を見ながら加熱すればOK

    工程写真
  • 9

    バタークリームを絞り袋に入れて、冷めたクッキーに8のバタークリームを絞り出しもう1枚でサンドする。 冷蔵庫で冷やしてバターを固める。

    工程写真
  • 10

    フリーズドライイチゴピース(お好みで)を側面にくっつけてもかわいいですよ。

    工程写真
レシピID

408228

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

クッキー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

hoppe
Artist

hoppe

hoppe(ほっぺ) 大阪府出身、在住 2歳年上の主人と、男子3人の5人家族 元看護師(産婦人科、整形、脳外、内科などの勤務を経て高齢者のデイサービス勤務をしてきました。特に高齢者デイサービスは私にとって天職と思えるような充実した楽しい日々でした。) 昔から趣味はと聞かれれば「お菓子作り」と即答してきました!今も変わらずお菓子作りが趣味です。 私の初めてのお菓子作りは小学生のとき。 母が驚くことを期待しながら一人でレシピを見て作った型抜きクッキーでした。 仕事から帰った母の驚いた顔と美味しいと喜んだ顔は今でも忘れられません。 お菓子作りには幸せがいっぱい詰まっています♪ 買うのが当たり前だと思っていたケーキを自分で作れた喜び。 誰かのことを想ってレシピや材料を選んだり、出来上がりを想像しながら作るワクワクした時間、相手が手作りに驚いたり「美味しい!」と笑顔になる瞬間、オーブンからただよう甘い香りに包まれる時間やドキドキしながらオーブンを覗き込む時間、焼き立てを味わえるのも手作りならでは。 でも、日々のお料理とは違い、お菓子は必要不可欠なものではありません。 毎日のことではないので特別な日のケーキは買えばいいし、わざわざ材料や道具を揃えて、となるとハードルが高い物だと思います。 でも、特別なものだからこそ手作りすればさらに特別感は大きくなり、喜びも膨らむと思います。 そして、お菓子作りってやってみると意外と難しい物ではありません。 私は今までお菓子作りを通してたっくさんの幸せを感じてきました。 家族のために日常的にパンを焼くようになってからは友人を招いて、手作りのパンや料理、デザートをふるまっておもてなしをする楽しさも知りました。 この幸せな気持ちをたくさんの人に感じてもらいたい! 自分でケーキやパンを作れる喜びを知ってもらいたい! 安心、安全なお母さんの手作りおやつや焼きたてほわほわパンの優しさをたくさんのおうちに広めたい。 その思いがすごくすごく強くなったので、看護師を辞めてレシピをお伝えすることに力を注ぐことにしました。 日々のおやつだけでなくおもてなしや特別な日に作るお菓子レシピをメインに、大切な家族のために安心、安全にこだわって作る料理やパン、友人をまねくときのおもてなしランチのレシピも公開していきます。 私のレシピを信じて材料を揃えて時間をかけてくれる誰かの笑顔を想像して(*^^*)

「料理家」という働き方 Artist History