Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 『ニンニク醤油で。キャベツと豚肉のフライパン蒸し』#簡単

    『ニンニク醤油で。キャベツと豚肉のフライパン蒸し』#簡単 6分前

    117人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. パリっとジューシー♪鶏手羽中のペッパーマヨグリル

    パリっとジューシー♪鶏手羽中のペッパーマヨグリル 7分前

    116人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】

    きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】 7分前

    ヨダレ鶏があったのでツナの代わりに使いました。胡麻も入れて美味しく頂きました。

  4. ご飯もビールも進む♡豚ロースとなすの甘辛味噌だれ

    ともきーた (伊藤 智子)さんがレシピを投稿しました!13分前

  5. オススメの副菜♡ふわふわ卵とみつばのツナ塩昆布炒め

    ともきーた (伊藤 智子)さんがレシピを投稿しました!14分前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

本当に美味しいマドレーヌ|何度も作りたい定番レシピVol.92

ぽこんと出たおへそが美味しさの証! 香ばしいバターの風味がたまらないマドレーヌが誰でも作れるよう、パティシエが丁寧に解説。少しのコツを覚えて、おうちでもお店のようなふわふわのマドレーヌを作りましょう。Nadiaで人気の料理研究家が自信を持っておすすめする定番レシピシリーズです。

キーワード
お菓子 何度も作りたい定番レシピ マドレーヌ スイーツ 焼き菓子
お気に入りに追加

 

フランス発祥の焼き菓子「マドレーヌ」

フランスのお菓子「マドレーヌ」。名前の由来は諸説ありますが、マドレーヌという女性の名からつけられたとされています。日本に伝わった時、ほかのお菓子と混同され菊型で伝わってしまったマドレーヌ。本来は貝殻型を使ったお菓子です。

 

マドレーヌの表と裏は?

焼き上がりはどうしても貝殻側を表にしたくなりますよね。しかし、マドレーヌはその特徴でもある中心の高くぷっくりと焼きあがった部分「おへそ」を表にして店頭に並んでいます。『おへそが出ていないものは店頭に並ぶことができない』と言われるほどマドレーヌの「おへそ」はとても重要とされている部分なのです。

今回はもっともシンプルな基本のマドレーヌの作り方を、ポイントとともにお伝えします。お店のような「ふわふわ」マドレーヌに近づけると思いますので参考にしてみてくださいね。

 

焼きたてカリッとフワッと!ふわふわマドレーヌの作り方

 

【材料・10個分(単品寸法:48×76×深さ15mm)】

卵 1個
グラニュー糖 60g
バター 60g
はちみつ 10g
薄力粉 60g
ベーキングパウダー 1.5g
バニラオイル 適量

 

【作り方】

【下準備】
・卵は室温に戻しておく。
・バターは湯煎または電子レンジで溶かし、はちみつを加えて混ぜておく。
・オーブンは190度に予熱する。

1.ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加えホイッパーですり混ぜる。

2.薄力粉、ベーキングパウダーを一緒にふるい入れて、粉っぽさがなくなりツヤが出るまでホイッパーでゆっくりと混ぜる。
写真のように生地にツヤが出て、リボン状に流れ落ちる状態まで混ぜてください。

【ポイント】
混ぜ足りなかったり、勢いよく混ぜて大きな気泡ができたりしてしまうと、仕上がりがパサパサとした生地になってしまうので気を付けましょう。

3.合わせておいたバターとはちみつ(温かい状態)を数回に分けて加え、その都度ゆっくりと混ぜる。最後にバニラオイルを加えて混ぜる。

【ポイント】
バターの温度が低いと生地が均等に混ざらないので温かい状態のものを使いましょう。温度は40度、人肌より少し高いかな? と感じるくらいが目安です。

4.生地が混ざったら、最後はゴムベラで底に沈んだバターを混ぜるように2~3回混ぜる。冷蔵庫で2時間以上生地を休ませる。

【ポイント】
生地を休ませることでグルテンの力が弱まり、よく膨らんでふんわりと焼き上がります。

5.型にスプレーオイルまたはバター(分量外)を薄く塗る。

【ポイント】
焼き上がりに型外れをよくするためにオイルなどを塗ります。加工などがされていない型を使用する場合は、バター(分量外)を薄く塗って冷蔵庫で冷やし、生地を焼く直前に強力粉(分量外)を振り余分な粉を払い落としてから使用するといいですよ。

6.生地を型の8分目までしぼり入れる。

【ポイント】
生地は膨らむため、入れすぎるとあふれてしまうので8分目で止めましょう。

7.190度のオーブンで10~12分焼く。焼きあがったら型から外して冷ます。

【ポイント】
オーブン温度が低いと中心のおへそができないのでオーブンは十分に温めておきましょう。冷えた生地を高温で焼成することで、中心がしっかりと立ちあがります。

カットした生地の状態はこちら。マドレーヌの象徴の中心部(おへそ)が遅れて火が入り噴火するので、カットする中心部に気泡ができる状態で焼きあがります。

 

マドレーヌの美味しい時間

マドレーヌは型から外してからすぐ、焼きたてが一番美味しいと言われています。外はカリッと中はふっくらふんわり。焼き上がり15分までが焼きたてを楽しめる贅沢時間です。
でも! 美味しい時間が過ぎても大丈夫。「カリッ」とした食感はなくなりますが、そのかわりに「しっとり」と変化します。 翌日はしっとりふわふわとまた違った美味しさを楽しんでくださいね。

 

マドレーヌの保存方法

すぐに食べない場合は、保存容器に入れて保存。常温で5~6日程度保存可能です。 翌日以降、時間が経つにつれて、しっとりしたマドレーヌになりますよ。
また、冷凍保存することもできます。1個ずつラップで包み、2週間程度保存可能。召し上がるときは常温で解凍してくださいね。

●このレシピをお気に入り保存する
基本のマドレーヌ


いかがでしたか? 「ゆっくり、丁寧に混ぜる」というささいなことですが、それがマドレーヌが「ふわふわ」に焼きあがる大切なコツです。マドレーヌの象徴でもある、ぷっくり「おへそ」を目指して、おうちでもふわふわマドレーヌを作ってみてくださいね。

 

このコラムを書いたNadia Artist

お菓子研究家 /製菓衛生士 きゃらめるみるく。みぃ
https://oceans-nadia.com/user/224349


●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
・おやつやプレゼントに♪「マフィン」を楽しむ人気レシピ15選
・本当に美味しいクッキー|何度も作りたい定番レシピVol.51

キーワード
お菓子 何度も作りたい定番レシピ マドレーヌ スイーツ 焼き菓子
お気に入りに追加

おすすめコラム Recommend Column

Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR だしで漬けて焼くだけ!シンプルで美味しいローストポーク
    だしで漬けて焼くだけ!シンプルで美味しいローストポーク この特集を読む
  2. PR 豚バラブロックも簡単にとろとろに!豪快うま味たっぷり豚汁
    豚バラブロックも簡単にとろとろに!豪快うま味たっぷり豚汁 この特集を読む
  3. PR 丸めるだけで簡単♪米粉のスノーボール
    丸めるだけで簡単♪米粉のスノーボール この特集を読む
  4. PR おしゃれ&機能的な鍋料理用ブランド鍋5選
    おしゃれ&機能的な鍋料理用ブランド鍋5選 この特集を読む
  5. PR 「京風割烹 白だし」で箸が止まらない簡単副菜
    「京風割烹 白だし」で箸が止まらない簡単副菜 この特集を読む
  6. PR サラダチキン×チーズでたんぱく質たっぷりの簡単ごちそう
    サラダチキン×チーズでたんぱく質たっぷりの簡単ごちそう この特集を読む
  7. PR 別茹で不要で時短♪チキンマカロニグラタン
    別茹で不要で時短♪チキンマカロニグラタン この特集を読む
  8. PR Nadiaが乃木坂46と特別コラボ⁈
    Nadiaが乃木坂46と特別コラボ⁈ この特集を読む

関連コラム Related Column

コラムランキング Column Ranking

PR Public Relations

おすすめコンテンツ contents

最近見たレシピRatest Recipe more

まずは1ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から1ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは