〈くらし薬膳〉鮭とそら豆のカレー炒め

25

2019.09.21

分類主菜

調理時間: 25分

ID 380157

くらし薬膳 竹田あやこ

くらし薬膳料理研究家/国際薬膳調理師

【このレシピの成り立ち】
鮭がお腹を温め、そら豆やえんどう豆が体内の水のめぐりを整えます。冷えとむくみの両方が気になる方。冷房で冷えやすい方。下痢をしやすい方。夏でも冷え感じる方にもおすすめの一品です。カレー風味でお子さんも食べやすいお味です😋

    材料2人分
    2切れ
    そら豆 10~15粒
    いんげん豆 10本
    玉ねぎ 1/2個
    サラダ油 大さじ1
    片栗粉 大さじ1
    少々
    コショウ 少々
    [合わせ調味料]醤油 大さじ1.5
    [合わせ調味料]みりん 大さじ1
    [合わせ調味料]酒 大さじ1
    [合わせ調味料]砂糖 大さじ1
    [合わせ調味料]カレー粉 小さじ1
    作り方
    Point!
    【コツ・ポイント】
    そら豆が手に入らない時は、枝豆やアスパラでも代用できます😋
    1. そら豆はさやから外し、薄皮に切り込みを入れて熱湯で2~3分茹で、冷水にとって冷ます。冷めたら薄皮をむいておく。
    2. いんげん豆はヘタを切って半分の長さに、玉ねぎは皮をむいて1㎝幅のくし形に切る。
    3. 鮭は一口大に切って、塩コショウで下味をつけ、片栗粉をまぶす。
    4. フライパンにサラダ油を入れ中火にかけ、余分な片栗粉を落とした鮭を入れて、両面に焼き色がつくまで焼く。
    5. 火加減を弱火にし、鮭をフライパンの片側に寄せて空いたスペースで玉ねぎといんげん豆を炒める。
    6. 全体に火が通ったら、そら豆を加えて少し焼き色を付ける。
    7. [合わせ調味料]醤油[合わせ調味料]みりん[合わせ調味料]酒[合わせ調味料]砂糖[合わせ調味料]カレー粉をよく混ぜ、フライパンに流し込み、強火でフライパンをあおりながら具材に絡ませ、汁気がなくなったらできあがり。
    3 65
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「炒め物 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。