レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

もう失敗しない!至福おかず♡【チーズ漏れない照り焼きロール】

主菜

もう失敗しない!至福おかず♡【チーズ漏れない照り焼きロール】
  • 投稿日2020/07/05

  • 調理時間20

お気に入りに追加

808

【焼いている最中のチーズ漏れ漏れ事件は起こさない!ごはんに最高合う照り焼き味のチーズ肉巻きレシピです‼︎】 焼いている最中にチーズが漏れてきちゃったから慌てて火からおろして切ってみたら、チーズだだ漏れ中身すっからかん。加えてお肉は生焼けでした。なんてことがあろうものなら… これ、ものすごいストレスですよね… (もう数日ひとりボイコット起こしたぐらいにイヤ) そのストレス、解決します! チーズ漏らさず存分に味わい、ついでにお肉は柔らかく、見た目に食欲そそる照り照り感♡味はもちろん♡ 私すごく不器用なんです。でも出来るんです!ぜひ、お試しください♡ ※牛薄切り肉でもokです!

材料2人分〜3人分

  • 豚薄切り肉
    250g 5枚(豚もも使用)
  • 味付き塩コショウ
    適量
  • 薄力粉
    小さじ2
  • マヨネーズ
    適量
  • ピザ用チーズ
    適量(固形チーズ可)
  • サラダ油
    小さじ2
  • A
    酒、みりん
    各 大さじ1
  • A
    砂糖
    小さじ2
  • A
    おろしにんにく
    小さじ1(おろししょうが可)
  • 濃口醤油
    大さじ1
  • 小ねぎ(小口切り)、白ごま
    適量

作り方

ポイント

焼き色を都度みながら、じっくり焼き色をつけるのがポイントです。そうそう漏れないので焦らなくて大丈夫なんです!あとは最後お醤油を入れた時、ここが焦げ始めまで早いので目を離さないようにしてください。

  • 1

    まな板の上にラップを広げる。 豚薄切り肉を重ならないように並べ、味付き塩コショウを満遍なく振りかける。 ※片面だけでokです。 ※台に塩コショウを散らばしたくないので、まな板ごと持ってシンクの上で振るのがオススメです。

    工程写真
  • 2

    続けて茶こしで薄力粉を満遍なく振るう。 ※食感柔らかくなります。

    工程写真
  • 3

    豚薄切り肉の2枚にマヨネーズをかけ、そのうち1枚にピザ用チーズをのせる。

    工程写真
  • 4

    チーズをのせた方のお肉のタテ両端を折ってチーズに被せる。

    工程写真
  • 5

    マヨネーズをかけたもう1枚の豚薄切り肉を、マヨネーズを塗った側を内側にして4に被せる。

    工程写真
  • 6

    被せた豚薄切り肉の端と端を折り込んで包み、チーズをしっかり包み込んだ棒状にする。 ※こうしてチーズを包み込んで、漏れるチーズをガードします! ※マヨネーズを塗っているので密着して隙間が埋まり、空洞ができづらくなります。

    工程写真
  • 7

    6の長さに合わせて残りの肉を並べ、その上に6を置く。

    工程写真
  • 8

    手前のラップを持って奥側に向かってお肉を転がして巻く。

    工程写真
  • 9

    (これでチーズをガードした肉巻き完成です。)

    工程写真
  • 10

    フライパンを強めの弱火〜弱めの中火で熱してサラダ油を馴染ませ、9のつなぎ目を下にして焼く。 焼き色がついてつなぎ目がくっついたら転がし、全部の面を焼く。 ※強火厳禁です。表面だけ焦げて内側は生焼け!の原因になります。

    工程写真
  • 11

    10が焼けたら混ぜ合わせたA 酒、みりん各 大さじ1、砂糖小さじ2、おろしにんにく小さじ1を入れ、優しく転がして全面に馴染ませる。 ※泡がぷくぷくたちます。Aの水分が減り、ぷくぷくの立ち方がゆっくりになったら次の工程にいきます。

    工程写真
  • 12

    濃口醤油をかけて優しく転がし、全面が美味しそうな茶色の照り色になったら火を止め、触れる熱さになるまで置いておく。 ※火加減が強いと一瞬で焦げてしまいます。激しく泡がたつようであればすぐコンロから離してフライパンを冷まし、火を止めて余熱を使って照り色をつけてください。

    工程写真
  • 13

    食べる直前、お好みの厚さにカットしてお皿に盛りつける。お好みで小ねぎ(小口切り)、白ごまを散らす。 ※熱いうちはとろんとチーズがとろけます。お弁当用などでとろけさせたくない時は、冷めてから切ると漏れづらいです。

    工程写真
レシピID

394418

コメント

送信

関連キーワード

おねこ
Artist

おねこ

呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

「料理家」という働き方 Artist History